FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サワラのアラと里芋の煮物


20130920_026.jpg 20130920_030.jpg 20130920_055.jpg

アラの一部はサトイモと煮た。サトイモは乱切りし、アラは80度の湯で15秒湯通ししてサトイモの上に置く。いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けしたが、出し汁がなかったので水で代用し、カツオブシを少し入れた。

サワラはサトイモのダシに使ったが、肝心のサトイモがまだ成長途上で味がのって(充実して)いない。今年は5月の雨不足で初期生育がかなり遅れたため、サトイモの太りも遅れている。


サワラのムニエル

20130920_034.jpg 20130920_036.jpg 20130920_045.jpg

アラの残りは「サワラのムニエル~レモンバターソース~」にした。材料が全て手元にあったのでこれにしたが、時間が思った以上にかかり、あまりおいしくなかった。

検索力がなかった。「サワラの料理法」ではなく「サワラのアラの料理法」で検索すべきだった。サワラとサワラのアラでは料理法が異なる。
 
  


ピーマンのジャコ煮

20130920_014.jpg 20130920_016.jpg 20130920_018.jpg
20130920_022.jpg 

定番です。「ピーマンのジャコ煮」というより「ピーマンの佃煮」。ピーマンは細切りし、チリメンジャコは熱湯をかけ、水は入れずに、酒、醬油、砂糖で味付けし、5分ほどで水気がなくなれば出来上がり。



干しキュウリのパリパリ漬け

20130920_001.jpg 20130920_024.jpg 20130920_056.jpg 

3日連続で作った。半日~1日干したキュウリは適当な大きさに切ってコップに入れ、酢大さじ2、醬油大さじ2、ショウガ(チューブ入り)少々を入れて混ぜると出来上がり。昼作れば夜には食べれる。



干し野菜の甘酢漬け 

20130920_007.jpg 20130920_012.jpg    

残りの干し野菜(キュウリ、オクラ、ピーマン)は甘酢漬けにして見た。適当な大きさに切って瓶に入れ、180ccの出し汁を入れ、120ccの酢に蜂蜜大さじ3(砂糖50gの代わり)を入れて溶かし、風味付けにニンニク醬油大さじ1とニンニク1片のすりおろしを入れて出来上がり。

昼に作り夕飯に食べたが、こちらは味がまだしみていなかった。2~3日したらおいしくなるだろう。

ポン酢(合計で200cc)と甘酢(合計で300cc)はよく作るので、配合割合は暗記できた。



ポリポリキュウリ   

20130920_050.jpg 20130920_051.jpg

定番です。朝、豆腐とこれを食べることが多い。それと夕飯の残り物を朝と昼に食べる。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ