FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

秋はやっぱりサンマ


20130919_004.jpg 20130919_010.jpg

出荷の帰りにスーパーへ寄ってサンマを買った。やっぱりこの時期はサンマがおいしい。もう一品は「サワラのアラ」で、料理法を再度検索して明日使う。


昨日作った干し野菜5品のうち、おいしかった2品を今日も作った。

干しキュウリの漬物

20130919_016.jpg
 20130919_026.jpg 

干したキュウリを適当な大きさに切ってコップに入れ、醬油大さじ2、酢大さじ2、ショウガ(チューブ入り)少々を入れて混ぜる。今日は干しゴーヤを入れ、ニンニク1片のすりおろしも入れて見た。

ゴーヤは乾燥しすぎて、少し硬かった。半乾きの方がよかった。


干し野菜でタジン鍋

20130919_030.jpg 20130919_033.jpg 20130919_037.jpg 
20130919_040.jpg    

昨日同様、干しシイタケと干しゴーヤを水で戻しておく。下敷きは生のタマネギを使い、シイタケとゴーヤを置き、干しトウガン、干しオクラ、干しキュウリの他に干しピーマンを入れ、胡椒で味付けし、大さじ2の水を入れ、今日はベーコン1連を置いた。弱火で12分、火を消して余熱5分で出来上がり。

おいしかったが、2日までで、3日連続は作れない(飽きる)。


甘いハーブティ

20130919_006.jpg 20130919_015.jpg

定番です。


昨日定植したハクサイのうち10本ほどがコオロギに食われているので、明日「植え継ぎ」をする。アブラナ科野菜の天敵「ダイコンサルハムシ」はまだ少ない。

ニンジンは今日、第1回目の間引きをした。これから10月20日頃の最終間引きまで4~5日間隔で6回ほど間引く予定で、間引き菜も出荷する。

明日9月20日はタマネギを蒔く。来春の5月末に収獲するタマネギを、今頃の時期に種を蒔くということが、農業をスタートした年には驚きだった。そして、11月中旬頃に、10センチ間隔で苗を1本1本定植するということにも驚いた。3千本ほど定植していたこともあるが、今年は800~1000本ほどの定植予定。

お彼岸なので、田んぼの上にある墓掃除をした。明日、彼岸花を供えて供養とする。

2030年 農業の旅→
ranking  
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ