FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

干し野菜で5品


20130918_005 (1) 20130918_026 (1)

干しキュウリの漬物」を参考に、干しキュウリを適当な大きさに切り、酢大さじ1、醬油大さじ1、ショウガ(チューブ入り)少々を入れて混ぜ、半日置くと出来上がり。



干しトウガンの醬油漬け


20130918_006 (1)

干しトウガンの醬油漬け」を参考に、干したトウガンを醬油と出し汁半々にしてトウガラシを入れて漬けた。半日置くと出来上がり。


20130918_036 (1)  

上の2つはその後、コップに移し替えた。空気にふれていたら漬からないと思い、コップに入れて上から箸で押さえ、汁の中に浸かるようにした。

昼作って夕飯に食べたら、キュウリはパリパリしておいしかったが、トウガンの方はいまいちだった。



干し野菜の炒め物


20130918_009 (1)
 20130918_011 (1) 20130918_014 (1)  
20130918_016 (1)

ごま油でニンニクのみじん切りとウインナー2個の小口切りを炒め、干したオクラ、キュウリ、トウガンを適当な大きさに切って入れ、火が通ったら塩麹で味付けして出来上がり。



干しトウガンのカレー煮
 

20130918_019 (1) 20130918_041 (1)    

鍋に干したトウガンと出し汁を入れ、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けして5分ほど煮て、カレー粉を入れ、続けて5分ほど煮て出来上がり。

カレー煮に関しては、干すより生の方がおいしいと思う。「冬瓜のカレー煮」を参考にした。



干し野菜でタジン鍋


20130918_031 (1) 20130918_039 (1)  
20130918_043 (1) 20130918_047 (1) 20130918_052 (1) 

干しゴーヤは乾燥しすぎたので水で戻し、干しシイタケも水で戻す。右が5時間後の画像。

下敷きには生のタマネギを使い、その上に戻したゴーヤとシイタケ、干しキュウリ、干しオクラ、干しトウガンを入れ、胡椒で味付けし、ハム2枚をのせ、大さじ2の水を入れ、弱火で12分、火を消して余熱5分で出来上がり。ポン酢で食べる。

15分かからず12分で煮えた合図(タジン鍋の蓋のすき間に水がたまり、泡がぷくぷく出る)があった。なおオリーブ油でなく今回は水を入れたが、干し野菜には水の方がいいと思う。

干し野菜で5品作ったが、タジン鍋で使った干し野菜が最もおいしかった。タジン鍋は胡椒だけの味付けであり、干し野菜の甘みがはっきりわかった。干し野菜を使う場合はあまり味付けはしない方がいいと思った。水(シイタケの戻し水を利用)も大さじ2で十分だった。

 

ポン酢作り
     
  、
20130918_057 (1) 20130918_060 (1) 

ポン酢がなくなったので7・5・3ポン酢を作った。醬油70cc、酢50cc、みりん30cc、出し汁25cc、レモン果汁25ccで合計200cc。お椀で作り、ジョウゴで容器に移した。



ふかし芋


20130918_062 (1) 20130918_065 (1) 20130918_067 (1)
20130918_070 (1)    

どんな大きさの鍋にも対応できるこの蒸し器が気に入っている。中~強火で25分茹でると出来上がり。

畑でなく田んぼで作るサツマイモは甘味がとぼしい。それでも今が旬だからおいしい。

2030年 農業の旅→
ranking 
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ