FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

干しズイキの煮物


20130916_012.jpg 20130916_018.jpg

定番の「焼きナスビ」です。大さじ3の油を入れて輪切りしたナスビを裏表焼き、皿にとって醬油をまわしかけると出来上がり。



オクラの湯通し


20130916_001.jpg 20130916_004.jpg

定番です。カツオブシをふり醬油をかけて食べる。



干しズイキの煮物

20130916_009.jpg 20130916_015.jpg 20130916_023.jpg 
20130916_027.jpg 20130916_048.jpg 20130916_050.jpg

先日、3日間天日乾燥したズイキは小口切りして30分ほど水で戻し、もらったガラエビは80度の湯で15秒湯通しし、ナスは焼きナスの残りを使った。

鍋にガラエビ、ズイキ、ナスビを入れ、いつもの醬油、砂糖、酒、みりん、出し汁で味付けし、沸騰したら弱火にして15分ほど煮て出来上がり。

ズイキに少しえぐみが残っていた。皮をむいて干しただけでは「えぐみ」はとれなかった。「ズイキの煮物と酢の物」のレシピに書いているように、水で戻した後、酢を入れた熱湯で5分茹で、水にさらすという下処理が干しズイキでも必要と思った。

 

ダイコンの発芽
   
20130916_030.jpg 20130916_033.jpg 20130916_036.jpg 

13日の夕方に蒔いたダイコンが発芽した。最大の害虫であるダイコンサルハムシはまだ来ていない。ただ、かなりの雨量だったので、乾いたらすぐ畝間をヨツメで打ち(耕し)、土中に空気を送る必要がある。28日に蒔いた右のニンジンも2度目の大雨に遭い、乾いたらすぐ打って空気を送る必要がある。



干し野菜   

20130916_045.jpg 20130916_039.jpg 

オクラ、キュウリ、トウガンを網に干し、ゴーヤと残りのトーガンはザルで干した。

ゴーヤは塩もみをして20分以上おき、さっと水で洗い水気をしぼって干した。

トーガンは中のズをとり、皮を厚めにむき、薄切りして干した。薄切りしないと乾きが悪いから。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ