FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

干し野菜でタジン鍋


20130915_001.jpg
 20130915_006.jpg 20130915_009.jpg

「サツマイモとリンゴの重ね煮」のリンゴを使わずに作った。
無水鍋に大さじ3の水を入れ、5ミリほどの輪切りにしたサツマイモを並べ、上に蜂の巣(砂糖の代わり)とバターをおき、2分ほどで沸騰したら弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。

サツマイモの甘みが乏しいので蜂の巣を多めに入れた。リンゴを入れなくてもさほどそん色はなかった。



ピーマンのおひたし

20130915_004.jpg
 20130915_012.jpg

ピーマンは輪切りにして軽く茹で、醬油と出し汁を半々に合わせてピーマンにかけ、ごま油(少量)、ショウガ(チューブ入り)、カツオブシで風味をつけて出来上がり。(おいしく食べよう百野菜参照)



シカクマメの豆板醤炒め


20130915_015.jpg 20130915_018.jpg  

熱したフライパンにごま油を入れ、みじん切りしたニンニクを炒め、シカクマメを入れて炒め、醬油大さじ1、みりん大さじ1、豆板醤小さじ半分で味付けして出来上がり。「お豆さんのピリ辛ニンニク炒め」を参考にした。 

豆板醤を使う料理はほとんど知らないが、賞味期限がかなり長いので無駄にはなっていない。
 


干し野菜でタジン鍋   
   
20130915_026.jpg 20130915_030.jpg 20130915_028.jpg
20130915_033.jpg 

昨日の残りの干し野菜は全てタジン鍋に使った。大さじ2のオリーブ油を入れ、半乾きのピーマン、オクラ、ゴーヤ、キュウリ、タマネギを入れ、ニンニク2片をスライスして入れ、胡椒をふり、上にベーコン1連をおき、月桂樹3枚を入れ、弱火で13分、余熱5分で出来上がり。ポン酢で食べた。

干し野菜のせいか、いつもより2分早く煮えた。鍋と蓋のすき間に水がたまり(水は全く入れていないのに)、泡がぷくぷく出てくると煮えた合図である。

今回は干し野菜だったので水を大さじ2ではなく、オリーブ油を大さじ2入れたが、どちらにした方がいいか、まだわからない。


今日はキャベツ、ブロッコリーを定植する予定だったが、すでに深夜から雨が降り出した。かなりの雨量で、これで3~4日、定植が遅れてしまう。

ニワトリとヤギがいるので、雨でも1回は田んぼへ行く。その後、田んぼを見回って排水をよくし、水路も枯れ草や枯れ葉がたまる箇所は決まっているので、そこを重点的に見て回る。キンリョウヘンに雨よけのポリをかぶせ、仕込んだばかりのメタン菌液肥は竹の棒で混ぜて発酵を促し、大きくなりすぎたキュウリとオクラは収穫し、家畜に与えた。7月上旬~9月中下旬頃まで、キュウリとオクラだけは毎日収穫した方がよい。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ