FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

干し野菜の塩麹炒め


20130913_009.jpg 20130913_012.jpg

いつもの出し汁作り。  

 

20130914_004.jpg 20130914_006.jpg

いつものポリポリキュウリ。「塩もみ」でとどめず、もう一手間かけるだけで、俄然おいしくなる。 



サンマとイワシ


20130914_008.jpg 20130914_010.jpg   

いつものスーパーでサンマとイワシを買った。サンマは新物もあったが、値段が倍するので買わなかった。イワシは鯛アラと迷ったがイワシを買った。



20130914_041.jpg 20130914_014.jpg 20130914_045.jpg

サンマは焼いた。新物でなくても十分おいしかった。

イワシは梅煮にした。他のおかずが多く、今日は食べなかったが、煮え具合からおいしいと思う。



ピーマンのジャコ煮


20130914_023.jpg 20130914_025.jpg 20130914_031.jpg 

定番のジャコ煮だが、砂糖の代わりに蜂蜜を入れるようになっておいしさがアップした。水は入れずに酒と醤油とピーマンから出る水分だけで、中火で5分ほど煮て、水分がなくなれば出来上がり。



ゴーヤの和え物


20130914_026.jpg 20130914_055.jpg  

ゴーヤは塩もみをして20分以上おき、さっと洗い流して水気をしぼり、冷蔵庫に入れて置く。食べる直前に酢とすりゴマを入れて和えると出来上がり。

塩もみだけでも、20分以上おけば苦味はほとんど消える。苦味を好む人もいるが。



干し野菜の塩麹炒め

20130914_017.jpg 20130914_033.jpg 20130914_037.jpg 

昼にキュウリ、オクラ、ゴーヤ、タマネギ、ピーマンを干した。キュウリは切り方を変え、オクラも縦割りにした。ゴーヤは干し野菜にする場合、湯通しはしない方がいいと思った。しかし塩もみはしないと天日乾燥だけではゴーヤの苦みは消えないと思う。ネットに入らなかったのでゴーヤは車のボンネットの上で干した。


  
20130914_047.jpg 20130914_049.jpg 20130914_050.jpg  
20130914_052.jpg   

5時頃まで5時間干して一部を炒め物に使った。熱したフライパンにオリーブ油を入れ、ニンニク1片のみじん切りとウインナー2個の小口切りを炒め、半乾きのキュウリ、オクラ、ゴーヤ、タマネギ、ピーマンを入れて炒め、塩麹大さじ1と醤油ちょっとで味付けして出来上がり。

塩麹は使わなくても、オイスターソースかニンニク醬油の味付けでいいと思った。
 
干し野菜は火の通りが遅いように感じたが、定かでない。味の違いもあまりピンとこなかった。オクラは縦割り、キュウリは並行切りのまま炒めたが、干すとかさが減っているので問題はなかった。

干すとキュウリの食感は全然違って、炒めものによく合う。「干し野菜の塩麹炒め」と「干し野菜の炒め物」を参考にした。

2030年 農業の旅→
ranking 
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ