FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サトイモの煮物(初物)


20130909_001.jpg
 20130909_007.jpg 20130909_020.jpg
20130909_028.jpg

昨日のポトフはカレールーを1個入れてカレーにした。ポトフに入れ忘れた月桂樹も入れた。

水分が多かったので20分余り煮込んだ。



出し汁作り


20130909_004.jpg 20130909_011.jpg 20130909_014.jpg
20130909_044.jpg

前夜から、煮干し、干しシイタケ、昆布は水に浸しておき、弱火で点火し、沸騰したら昆布は取り出し、削り節を入れ、5分ほど煮て出来上がり。出し殻を全部取り出し、再沸騰(日持ちがよくなる)させる。

冷めたら瓶に入れ、冷蔵庫で保存する。下のサトイモの煮物に使ったから少なくなっている。
 


  

サトイモの煮物 
   
20130909_016.jpg 20130909_023.jpg

昨日のサトイモは洗って、皮を包丁でこそげて取る。「むく」と実が削られて少なくなるので、農家ではむいたりはしない。子芋だけでかなりあったので、親芋は使わなかった。



20130909_031.jpg 20130909_035.jpg  

サトイモと一緒に煮るため、タイのアラを出荷の帰りに買った。量が多かったので半分だけ使い、80度の湯で15秒湯通しした。



20130909_037.jpg 20130909_048.jpg 20130909_051.jpg 

子芋は乱切りして鍋に入れ、上で作った出し汁を入れ、出し殻もそのまま全部入れ、いつもの醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、サトイモの上に湯通ししたタイのアラをおき、水加減を最後にもう一度確認し(出し汁を少し足した)、5分ほどで沸騰したら弱火にして15分ほど煮て出来上がり。
煮物は冷める時に味がしみておいしくなるので、昼に作っておくのがいい。サトイモもタイもおいしかった。味付けはサトイモだけの時の味付けにし、タイのアラは上においただけ。
 


(9月2週のワンパック野菜)


1類(長期保存野菜)
タマネギ・ジャガイモ

2類(果菜類)
キュウリ・ナスビ・ピーマン・オクラ

3類(ウリ科野菜)
ナンキン・トウガン・ゴーヤ・ソウメンナンキン・韓国カボチャ
4類(葉野菜)
エンサイ・ツルムラサキ・モロヘイヤ・青シソ・バジル

5類(その他)
シカクマメ

6類(ハーブティ用ハーブ)
レモンバーム・レモンバーベナ・
タイム・ミント・セイジ・ステビア

7類(その他ハーブ)
ニンニク・ニラ・ミョウガ・イタリアンパセリ

8類(秋冬野菜)
サツマイモ・サトイモ・・・9月はまだ春夏野菜の出荷が続くが、サツマイモ、サトイモが出荷できるようになる。

2030年 農業の旅→
ranking 
      
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ