FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

最後の一群が壊滅的


20130906_045.jpg 20130906_055.jpg 20130906_050.jpg 
20130906_068.jpg 20130906_066.jpg  

最後の一群が壊滅的になった。巣門の入り口付近で、かなりの数の働き蜂が死んでいる。昨日、稲に散布された農薬の上が飛行コースだったように思う。

それをめがけて、昨日まではほとんどみなかった大スズメバチが襲来したのか、粘着板に十数匹が引っ掛かっている。

2時半頃、巣箱のまわりで分蜂のような騒ぎがあったので、最後に残った働き蜂を引き連れて女王蜂が逃去したようだ。

毎日5~6回は足を運んで、巣箱の出入りを楽しんでいたが、明日からはもう見れない。5月1日から6月8日まで、銀ちゃん(ヤギ)を介抱していた時も、放牧場のそばにあるこの巣箱に大いに癒されていたが。

完全に消滅したかどうか確定ではないので、後2~3日様子を見て、火曜日頃に採蜜をしたい。

オーナーにはまことにに申し訳ないが、どうすることもできなかった。次のチャンスは4月10日~5月20日の分蜂期にまた捕まえることだが、「本巣」がなく、野生の日本ミツバチをゲットするには「キンリョウヘンの花」が大きな比重を占める。
 
  


イワシのフライ

20130906_012.jpg 20130906_017.jpg 20130906_020.jpg

昨日は生きがよく見えたのに、今日はもう傷みが出ている。イワシは洗って、頭とはらわたを取り、小麦粉、卵、パン粉の順につけて揚げる。



20130906_024.jpg 20130906_021.jpg 20130906_026.jpg 
20130906_041.jpg 
 
残った油は120ccだから使用した油は80cc。前回より使用した油が多いのは、前回よりイワシの数が少し多いから。それでも野菜のかき揚げより使用量は少ない。



ゴーヤとツナの苦くないサラダ

20130906_004.jpg
 20130906_002.jpg 20130906_006.jpg
20130906_009.jpg 

ゴーヤは薄切りして塩もみをし、沸騰した湯で20秒ほど茹でて冷水にとり、水気をよくしぼる。タマネギはスライスして10分ほど水に放ち、水気をよくしぼる。

ボールにゴーヤ、タマネギ、油を切ったツナ缶を入れ、マヨネーズと大さじ1~2のレモン果汁を入れて混ぜると出来上がり。簡単でおいしい。




サワラ

   
20130906_029.jpg 20130906_030.jpg 20130906_033.jpg 
20130906_036.jpg   

サワラのアラの残りは「サワラ ほわほわ 照り焼き」にしたが、昨日の塩焼きの方がおいしかった。

2030年 農業の旅→
ranking 

 





このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ