FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

トウガンのカレー煮

 
20130904_013.jpg 20130904_018.jpg 20130904_051.jpg 

作り方はごく簡単で、トウガンの種をとり厚めに皮をむいて適当に切り、ひたひたに出し汁を入れ、沸騰したら弱火にして5分ほど煮て、カレー粉と麺つゆを入れ、さらに10分ほど煮て出来上がり。「麺つゆで簡単☆トウガンのカレー煮」を参考にした。



サンマを焼いた


20130904_002.jpg 20130904_004.jpg 

塩サバの他にサンマも昨日買っていた。しかしまだ「新物」ではない。この秋取れたサンマなら「新物」と大きい表示があるはず。それでもサンマはおいしい。



ナンキンの煮物


20130904_007.jpg 20130904_009.jpg 20130904_016.jpg  
20130904_021.jpg

定番です。乱切りして無水鍋に入れ、大さじ1の水、大さじ1の醬油、大さじ1のオイスターソース、蜂の巣(蜂蜜)を入れ、3分ほどで沸騰したら弱火にして15分、火を消して余熱5分で出来上がり。



ピーマンのおひたし
 
 
20130904_024.jpg 20130904_027.jpg 20130904_031.jpg

おいしかったからまた作った。赤いのはパプリカではなく、取り遅れて熟したピーマン。

ピーマンは輪切りにして沸騰した湯で2~3分茹でてザルに上げ、醬油と出し汁を半々にして、ゴマ油とショウガ(チューブ入り)を少々入れたタレを作ってピーマンにかけ、削り節をふって混ぜると出来上がり。




ナスの一瞬漬け

20130904_035.jpg 20130904_038.jpg 20130904_042.jpg

ナスを縦半分に切り、薄切りして塩をふり、力を入れてもむと左の画像のようになる。水でさっと洗って水気をよく切り、みじん切りした青シソを入れて混ぜ、少量の酢と醤油をかけて出来上がり。



オクラの湯通し

20130904_045.jpg 20130904_048.jpg  

定番です。カツオブシと醤油で食べる。

一品一品は簡単でも品数が多いので2時間近くかかっている。毎日、少なくとも1時間半は費やし、2時間以上はかけないようにしている。

還暦を過ぎ、ベーシックインカム(年金)をもらい始めたから、それができる状況にある。3年、長くても4年をめどに「自分なりの料理」の到達点にしたい。すでに1年半ほどになり、現在は中間点。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ