あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

トウガンの味噌煮


20130808_002.jpg
 20130808_005.jpg 20130808_010.jpg
20130808_007.jpg 20130808_050.jpg

トウガンは一口サイズに切り、ショウガ(チューブ入り)、ベーコン3枚、トウガンの順に炒め、ひたひたに出し汁を入れ、砂糖と酒を少々入れ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮て、みりんで溶いた赤みそを入れ、5分ほど煮て出来上がり。いろどりに湯通ししたオクラを飾って出来上がり。「冬瓜のほっこり味噌煮」を参考にした。

昼に作って冷蔵庫で冷やしておいた。トウガン料理は冷えた方がおいしい。





シカクマメとベーコンのカレー炒め


20130808_018.jpg 20130808_031.jpg 20130808_033.jpg 

前回作っておいしかったのでまた「シカクマメとベーコンのカレー炒め」を作った。

シカクマメはへたをとって適当な大きさに切り、フライパンを熱して油を入れ、ニンニクのみじん切り、ベーコン2枚、シカクマメの順に炒め、カレー粉、胡椒、醬油で味付けして出来上がり。 




ソウメンナンキンの酢の物


20130808_013.jpg 20130808_022.jpg  
20130808_027.jpg 20130808_025.jpg 20130808_043.jpg   

ソウメンナンキンは切りやすく、鍋に入りやすいように切り、沸騰した湯で15~20分茹でて冷水にとり、水を何回か入れ替えて冷まし、水の中でほぐすと、きれいにほぐれる。残った薄皮は捨てる。

酢1、出し汁1、醬油3分の1、砂糖2分の1の合わせ酢をかけて食べる。(おいしく食べよう百野菜参照)

なお、作りなおした「ソウメンナンキンの塩麹漬け」は、一昼夜経過して食べたが全くおいしくなく、塩麹を少し足して様子を見ることにした。 

  


甘いハーブティ

   
20130808_040.jpg 20130808_047.jpg   

これを飲むと疲れが取れる。ステビアの入らないハーブティは飲む気がしない。

2030年 農業の旅→
ranking 



 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在64才、農業歴28年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ