FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

竹の子の佃煮


20130416_005.jpg
 20130416_002.jpg 20130416_008.jpg 
20130416_011.jpg 

簡単なレシピでも5回以上繰り返し作らないと覚えれない。60gの砂糖と150gのニンジンのすりおろしを用意してから、鍋に500ccの水(2カップ半)と寒天クック1袋を入れて火にかけて溶かす。

火を消してから砂糖とニンジンのすりおろしを入れて混ぜ、容器に入れ、冷蔵庫に入れて2時間ほどすれば出来上がり。




竹の子の佃煮


20130416_010.jpg 20130416_013.jpg 20130416_023.jpg 

昨日は木の芽和えだったが、今日は佃煮にした。下処理した竹の子は醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、ひたひたの水を入れて煮て、煮汁が半分ほどになったら削り節を入れ、煮汁がなくなるまで煮て出来上がり。参考にしたレシピは「竹の子の佃煮」。  

    


ニンニクライス

20130416_015.jpg 20130416_017.jpg 20130416_020.jpg 

前回作っておいしかったから、また作ろうと思っていた。身体によくないかも知れないが、オリーブオイルをたっぷり使うことがポイント。「野菜はともだち」に載っている作り方は、
(1)ニンニク1かけをみじん切りする。
(2)フライパン全体にいきわたるくらいオリーブオイルを入れ、ニンニクを焦がさないようゆっくり炒める。
(3)ご飯を加えて炒め、塩・胡椒で味をつける。
※ニンニクと一緒にベーコンのみじん切りを炒めてもおいしい。

ベーコンの代わりにウインナーを2個使った。

ニンニクの収穫期は中晩生品種のタマネギと同じ5月末なので、その頃からまたニンニク醬油を作る。

2030年 農業の旅→
ranking
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ