FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サバの味噌煮


20130415_002.jpg 20130415_005.jpg
20130415_008.jpg 20130415_011.jpg

いつもより100円安かったから、そく買った。「サバの味噌煮」のレシピ通りにすると15分ほどでできる。サバは80度の湯で15秒湯通ししてから使った。



20130415_018.jpg 20130415_012.jpg 20130415_015.jpg  
20130415_019.jpg 20130415_023.jpg 20130415_026.jpg  

めっさ簡単 うの花」をまた作った。具材のネギは昨日の残りのタマネギの茎葉を使った。

鍋に砂糖、醬油、酒、みりんを各大さじ2入れ、出し汁を1カップ入れて、千切りしたニンジンが柔らかくなるまで煮る。ニンジンが柔らかくなったらタマネギの茎葉を入れ、加熱したうの花を入れて混ぜると出来上がり。




竹の子の木の芽和え

20130415_027.jpg 20130415_030.jpg  
20130415_032.jpg 20130415_033.jpg 20130415_035.jpg  

竹の子は昨晩、糠を入れて茹でて、下処理は済ませておいた。「竹の子の木の芽和え」のレシピを参考に、山椒の葉をすり鉢ですり、味噌50g、砂糖大さじ1、酒大さじ1、みりん小さじ1を混ぜ合わせて入れ、下処理した竹の子と和えると出来上がり。


夕方6時頃、蜂仲間から電話をもらい、今日分蜂した一群を借りてきた。明日からまたミツバチの出入りを毎日楽しめる。しかし3年間の経験から、冬を越して来年の春まで1年間、蜂群を維持し続けることは、大変難しいと思える。

2030年 農業の旅→
ranking 


  


このページのトップへ

コメント

楽しみですね

ミツバチゲットおめでとうございます。
これから毎日が楽しみですね。
こちらは西洋が2群入ってどうしようです。

  • 2013/04/15(月) 22:47:37 |
  • URL |
  • kusakobati #okuK07Y.
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ