FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ダイズの煮豆


20130410_002.jpg
 20130410_005.jpg

前夜から干しシイタケ、煮干し、昆布を入れておき、翌日、弱~中火で点火し、沸騰直前に昆布を取り出して削り節を入れ、5分ほど煮て残りのダシを取り出して出来上がり。



ダイズの煮豆


20130410_008.jpg 20130410_013.jpg 20130410_035.jpg

一昨年もらったパンダ豆というダイズが残っていたので、ニンジン、ヤーコン、上記の出し殻を具材にしてダイズの煮豆を作った。

ダイズの戻し水を少し減らして出し汁を加え、醬油、砂糖、酒、みりんで味付けし、数滴のごま油を入れ、強火で点火し、おもりが回り始めたら極弱火にして20分、火を消して余熱20分で出来上がり。



酢ヤーコン

20130410_015.jpg 20130410_016.jpg 20130410_021.jpg
20130410_018.jpg 20130410_025.jpg  

ヤーコンは沸騰した湯で2分ほど茹でてザルに上げ、甘酢(出し汁180cc、酢120cc、砂糖50g、塩少々=300cc)に漬けると出来上がり。

甘酢を作っている2分ほどの間に早、ヤーコンのアクが出て変色したが、味には問題ない。

作り置き甘酢」というレシピを知って、この甘酢はうまいし、経済的と直感した。だから酢ヤーコン(酢レンコン)をまた作った。
  
     
  
      
  
20130410_033.jpg   

ダイズの煮豆と酢ヤーコンに使ったので、コーヒーの瓶一杯に作った出し汁は画像のように減った。その後、下のすき焼きにも半カップ(100cc)使った。



すき焼き


20130410_040.jpg 20130410_042.jpg 20130410_046.jpg
20130410_048.jpg 20130410_051.jpg   

 もらった牛肉の残りがあったのですき焼きにした。具材の糸コンニャク、シイタケ、タマネギ、ワケギを全てフライパンに入れ、出し汁半カップ、醬油とミリンを各30cc、酒50cc、砂糖大さじ2を入れて強火で点火し、牛肉70gは80度の湯で15秒湯通ししてからフライパンの中央に置き、その後、ワケギの青い部分を入れて数分煮て出来上がり。

すき焼き風煮」というレシピを毎回参考にしているが、きわめて簡単でおいしい。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ