FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ニンジンづくし


20130408_003.jpg
 20130408_006.jpg
20130408_009.jpg 20130408_011.jpg

ホットケーキミックス1袋、卵1個、水50cc、砂糖大さじ1、ニンジンのすりおろし150gを混ぜ、熱したフライパンにバターをひいて流し入れ、弱火で裏表10分ほどずつ焼いて出来上がり。




20130408_014.jpg 20130408_015.jpg 20130408_022.jpg

水500ccに寒天クック1本を入れて火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。沸騰したら、吹きこぼれない程度の火にして1~2分間沸騰を続ける。火を止め、砂糖60g、ニンジンのすりおろし150gを入れて混ぜ、容器に入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めて出来上がり。

キーウイは終わったので、「おやき」にも「ニンジンゼリー」にも入れなかった。どちらもニンジン150gのすりおろしだけ入れた。



ニンジンのキンピラ
    
   
20130408_029.jpg 20130408_038.jpg 

(1)ニンジンは千切りし、タカノツメは輪切りにする。
(2)ごま油少々でニンジンを炒め、ニンジンがしなっとしたらタカノツメを入れ、出し汁を少し加え、みりん、醬油で味をつけ、煮汁がなくなるまで煮て出来上がり。
 



ポトフ⇒カレー

20130408_018.jpg 20130408_027.jpg 20130408_072.jpg 

昨日のポトフの残りは、汁を少し捨て、カレールーを1個入れて10分ほど煮詰めて出来上がり。

ポトフに使ったヤーコンとキクイモはカレーにも合う。ヤーコンとキクイモはどんな料理にもそれなりに歩調を合わせて調和してくれる。作り安く、害虫はほとんど来ず(場所によってはキクイモは病気が来ることもある)、収量も多いが、市場性がない(キクイモはこぶんこぶんしているし、ヤーコンは外観が揃わない)。

ワンパック宅配や引き売り等の対面販売では必須アイテムであり、家庭菜園では作るメリットの多い野菜と思う。




ぜんざい


20130408_001.jpg  20130408_079.jpg 

小豆150gを5時間ほど水にかして圧力鍋に入れ、強火で点火し、おもりが回り始めたら弱火にして20分、火を消して余熱20分で柔らかくなる。蓋を開けて砂糖120gを3回に分けて入れ、塩を小さじ半分ほど入れ、15~20分ほど煮て出来上がり。



ミツバチの待ち受け箱とヤギのいる風景 

20130408_051.jpg 

待ち受け箱の傍らに置くキンリョウヘンであるが、4月上旬頃、2日ほど10時頃までビニールをかぶせたままにしていたら高温障害にあったようだ。365日、目をかけてきたのに、たった1~2日の判断誤りで、花茎の大半が壊滅したようだ。

気分がかなり落ち込んだが、キンリョウヘンが無くてもゲットできる可能性は少しだが残っている。日本ミツバチの分蜂が今まさに始まろうとしているのに・・・

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ