FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

うの花


20130404_050.jpg  

久しぶりに「うの花」を買った。250g入りで98円。



20130404_047.jpg 20130404_051.jpg

具材のニンジン、キクイモは千切り、ワケギは小口切りし、うの花は少し加熱しておく。



20130404_054.jpg 20130404_059.jpg 20130404_060.jpg

鍋に砂糖、醬油、酒、みりんを各大さじ2と出し汁1カップを入れてニンジンとキクイモを入れ、柔らかくなったらワケギを入れ、加熱したうの花を加えて、混ぜながら3~4分煮て出来上がり。

めっさ簡単 うの花」のレシピを参考にした。おから(卯の花)は豆腐を作る過程でできる搾りかすなのに値段が高い。今回は安かったから買った。




ニンジンゼリー 

20130404_034.jpg 20130404_037.jpg 
20130404_039.jpg 20130404_042.jpg 

ニンジン150gをすりおろし、60gの砂糖を用意し、鍋に2カップ半(500cc)の水と寒天クック1袋を入れて火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。沸騰したら、吹きこぼれない程度の火にして1~2分間沸騰を続ける。火を止め、砂糖とニンジンのすりおろしを入れて混ぜ、型に流し、キーウイの薄切りを入れ、冷蔵庫で2時間冷やし固めて出来上がり。 

   


すき焼き
   
20130404_065.jpg  

我が家では買わないような牛肉をもらったのですき焼きにした。牛肉50gは昼に冷凍庫から出しておいた。

シイタケ、タマネギ、ネギを適当に切り、真ん中に牛肉を置き、酒50cc、ミリン30cc、醬油30cc、砂糖大さじ2に出し汁を大さじ3入れて強火で煮たが、途中で何回か出し汁を追加した。

今回は80度の湯で15秒の湯通しはしなかった。理由はただ何となく。

ハクサイからは大量の水が出るので水(出し汁)は入れなかったが、今回の具材では出し汁を入れないと水分が不足した。
 
参考にしたレシピは、もらった牛肉で冬によく作った「すき焼き風煮」。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ