FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

グラタン?


20130227_001.jpg 20130227_003.jpg 20130227_005.jpg
20130227_007.jpg 20130227_009.jpg 

グラタン皿にヤーコンをすりおろし、次にニンジンをすりおろし、パン粉をたっぷりふり、冷凍していたチーズ(チーズ名はよく知らない)をふり、その上に冷凍していたグリンピースをおき、オーブントースターで6分焼いて出来上がり。

ヤーコンの甘みはあるが、味付けなしのグラタンで、見た目は普通に焼けたが、味が素っ気なかった。

ヤーコンもニンジンも火の通りが少なくても問題ない野菜だが、何か味付けが必要だと思った。料理1年のキャリアでは何を加えたらいいか想像できなかった。
 



   

20130227_014.jpg 20130227_015.jpg 20130227_021.jpg
20130227_023.jpg    

今日は「野菜はともだち」のレシピより、「アスパラガス(ナバナ)のバター炒め」を作った。

ナバナは太い茎と葉の部分に分け、太い茎の部分は縦に薄切りしてバターで炒め、塩・胡椒で味付けし、大さじ2の水を入れて火を消し、蓋をして余熱2分で出来上がり。



20130227_025.jpg 

葉先の部分は昨日同様、おひたしにした。  

    

ダイコン、ニンジン、ハクサイのピリカラ和え
   
20130227_026.jpg 20130227_029.jpg
20130227_031.jpg 20130227_034.jpg

ダイコン、ニンジン、ハクサイは千切りして、沸騰した湯にいっしょに入れて3分ほど茹でて冷水にとり、水気をよくしぼりながらボールに入れ、ユズ果汁、醬油、ごま油、豆板醤(七味唐辛子やラー油でもいい)を混ぜ合わせたピリカラ酢で和えて出来上がり。(おいしく食べよう百野菜参照)。

めったに使うことのない(使う料理をよく知らない)豆板醤を使ったが、この調味料は消費期限が長いので冷蔵庫に入れておけば、いつかまた使える。

昨日使ったオイスターソースもめったに使わない(レシピに載っていた時だけ使う)。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ