FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ナバナの柚子しぼり寿司


20130226_005.jpg
 20130226_007.jpg

15~20分でできるナバナの柚子しぼり寿司。

まず、昨日の「ナバナの瞬間蒸し」の残りを細かく切り、湯通しして水気をよくしぼる。



20130226_002.jpg  20130226_004.jpg  

昨日の出し殻は細かく切り、醬油、砂糖、みりんをいれて佃煮風にする。



20130226_010.jpg  20130226_014.jpg  20130226_019.jpg 

ユズ1個の果汁をしぼり、種は捨て、小さじ1の酢も加え、ボールにとったご飯に入れる。ナバナの湯通し、出し殻の佃煮を加え、混ぜて味を見て出来上がり。

出し殻を使うと簡単に寿司ができた。出し殻は、チャーハン、おにぎり、佃煮(ふりかけ)、他の料理の具材、寿司とレパートリーが広がっている。 



 
20130226_021.jpg20130226_024.jpg 

イカナゴ(かまゆで)をもらったので、グリルで焼いて酢醬油にひたして食べた。今が旬なのか、とてもおいしかった。




20130226_027.jpg 20130226_029.jpg 20130226_045.jpg
20130226_048.jpg

きな粉が美味し~!!衝撃的おやつ」を見て、簡単なので作ってみたら、おいしかった。そして、ヤーコンで作ったらもっとおいしいだろうと思った。

きな粉の賞味期限がかなり過ぎていたので、早く食べる必要があり、「きな粉の料理法」と検索して見つけた。

おいしくても「きな粉」が結構高い。
 


  
  
20130226_031.jpg 20130226_033.jpg   
20130226_035.jpg 20130226_039.jpg

ナバナは太い茎と葉の部分に分け、太い茎はアスパラ風に使うとおいしいので、アスパラの料理法で検索したら「アスパラガス~オイスターソース炒め」があった。無水鍋を熱して、ごま油とチューブニンニクとチューブ生姜を入れ、香りが出たらナバナの茎を入れて炒め、全体に油がまわったら酒を少し入れ、弱火にして2分ほど蓋をして蒸す。オイスターソース小さじ1を加え、塩・胡椒で味を整えて出来上がり。

なお、ナバナの料理法にも「ナバナのオイスターソース炒め」があり、この場合、太い茎は薄切りにするか、炒めた後で少量の水を入れて蒸し煮するか、さっと湯通ししてから炒めるか、葉より先に時間差で長く炒めるか等の工夫が必要になる。


   
20130226_040.jpg 

葉の部分はさっと湯通ししておひたしにした。

2030年 農業の旅→
ranking 




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ