FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ヤーコン団子


20130221_002.jpg 20130221_005.jpg 20130221_008.jpg 

なくなったので出し汁を作った。前夜に昆布、干しシイタケ(自家製)、煮干しをコーヒーの瓶一杯の水に浸し、朝、弱火で煮て、沸騰直前に昆布を取り出して削り節を入れ、5分ほど煮て、干しシイタケ、煮干し、削り節を取り出して出来上がり。



20130221_016.jpg 20130221_017.jpg 20130221_019.jpg 

スーパーの鮮魚コーナーでハタハタを見ると、いつも迷ったが、今回は買ってみた。塩焼きか鍋ものという表示があったので、塩焼きにした。バットに並べ塩をふり、裏返してまた塩をふり、10分ほどおいてから焼いた。

食べる部分(身)が少なかった。鍋に入れるなら、同じ198円のタイあらの方がいい。





20130221_010.jpg 

「おっさんひとり飯」の料理に、時々「ポッカレモン100」が出てくるので、同じくレモン100%の画像の果汁を買った。料理にそんなに使わなくても、湯で薄めてホットレモンにしてもいい。




20130221_023.jpg 20130221_027.jpg   
20130221_031.jpg 20130221_032.jpg 20130221_036.jpg 
   
先日作っておいしかったのでまた「ヤーコン(レンコン)団子」を作った。ヤーコンをすりおろし、杓子で水分をしっかり取り、出し殻のみじん切り、すりゴマ(市販品)、塩少々、片栗粉を適量入れ、油を引いたフライパンにスプーンで落とし、蓋をして裏表焼いて出来上がり。ソースで食べた。

好みのものを混ぜると書いてあったので、出し殻のみじん切りも入れてみた。

オリーブ油を少し多めに入れ、弱火で焼いたが、焦げやすいように感じた。片栗粉のせいだろうか?


ヤーコンのすりおろしは、ダイコンおろしの倍以上早くおろせて、出る水分はダイコンおろしの2倍以上である。甘いのですぐ飲める。

2030年 農業の旅→
ranking 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ