FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

酒かす鍋


20130218_015.jpg
 20130218_017.jpg 20130218_020.jpg 
20130218_022.jpg 20130218_024.jpg 20130218_026.jpg

前日の晩か当日の朝、夕飯の献立を決めるが、候補をコピー用紙に書き出して、その中から選んでいる。今は「野菜はともだち」と「クックパッド」のレシピから選ぶことが多い。

今日は酒かす鍋にした。サケと酒かすは昼に冷凍庫から出しておいた。具材はハクサイ、ネギ、タマネギ、シイタケで、サケは80度の湯で15秒ほど湯通ししておく。酒かす100gは細かく切り、熱湯を注いでゆるくしておく。酒かす100gに対して味噌は大さじ2ほど入れた。

土鍋に出し汁適量、醬油大さじ1、みりん大さじ1を入れ、沸騰したら中火にして酒かすを半分ほど入れ、続いて具材を入れ、その上にサケをおき、水(湯)を足したり、ハクサイを足したりして、残りの酒かすを入れ、10~15分煮て出来上がり。「農家のレシピ、酒かす鍋」を参考にした。

  
  

20130218_001.jpg 20130218_006.jpg 20130218_011.jpg 

一昨日の出し殻は細かく切り、ニンニク醬油チャーハンに使った。ニンニク醬油のニンニク2片をみじん切りして、油をひいたフライパンで炒め、出し殻を入れて水分が飛ぶまで炒め、ご飯を入れてほぐし、溶き卵1個を入れ、醬油をまわしかけて、さっと炒めて出来上がり。

出し殻で作るニンニク醬油チャーハンがおいしい。おにぎりにしようかと思ったがチャーハンにした。16日の出し殻は冷蔵庫に入れていたが、あまり保存はきかないと思うので、18日の今日中には使う必要があった。

2030年 農業の旅→
ranking 
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ