FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

食パンのグラタン


20130205_002.jpg
 20130205_007.jpg 20130205_010.jpg

慣れると、不思議と楽しくなる(手間と思わなくなる)出し汁作り。

ポイントは前日の晩に煮干し、昆布、干しシイタケ(なくてもいい)を水に浸すこと。そうすれば翌日、空いた時間にできる。ただ、5日間ほどしか保存はきかないので、その間に使う。

 


20130205_016.jpg
 20130205_017.jpg
20130205_018.jpg 20130205_027.jpg 

出し汁の出し殻の一部を具材にして、ニンニク醬油チャーハンを作った。熱したフライパンに油をひき、ニンニク醬油の中のニンニク3片を炒め、続けてネギ、出し殻を入れて炒め、ご飯を入れてほぐし、溶き卵を入れ、最後に醤油をまわしかけてさっと炒めて出来上がり。

出し殻の活用範囲が広がった!





サツマイモのおやつ(醤油煮)

20130205_045.jpg 20130205_048.jpg 
20130205_057.jpg 20130205_060.jpg

無水鍋に醬油少々と砂糖少々を入れ、乱切りしたサツマイモを入れて混ぜ、大さじ2の水を入れ、極弱火で20分、火を消して余熱5分で出来上がり。

今日の水加減はどんぴしゃりだった。ちょっと底につくくらいがよい。

無水鍋とタジン鍋の水の要求量はどちらも大さじ2~3ほど(蒸し煮の料理の場合)である。
 




 手抜きポタージュ

20130205_029.jpg 20130205_031.jpg 20130205_034.jpg
20130205_036.jpg 20130205_038.jpg  

ミキサーを使わなくてもポタージュができるか「実験」のつもりで作ったら、まことに簡単だった。すりこ木があればミキサーはいらない。

簡単☆手抜きポタージュを参考に、ジャガイモ200gを薄切りして柔らかくなるまで茹で、ザルにあげて鍋に戻し、すりこ木でつぶし、牛乳1カップと刻んだコンソメ1個を入れて中火で温め、黒胡椒と塩で味付けして出来上がり。




20130205_051.jpg 20130205_053.jpg 20130205_055.jpg   

冬の定番、ホウレンソウのおひたし。         

 


オニオングラタン
 
    
20130205_012.jpg 20130205_067.jpg 
20130205_069.jpg 20130205_071.jpg 20130205_074.jpg

タマネギを油で炒め、2カップほどの水を入れて中火で点火し、コンソメ1個を入れ、塩・胡椒で味を整えるとオニオンスープの出来上がり。

オニオンスープを耐熱皿に入れ、その上に食パン半分を置き、その上にチーズをふってオーブントースターで焦げ目がつくまで4分ほど焼くとオニオングラタンの出来上がり。2月3日記事の「藤原家の毎日家ご飯」を参考にした。

パン粉でなく食パンというのがポイント。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ