FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サツマイモの炊き込みご飯


20121227_004.jpg 20121227_006.jpg 20121227_008.jpg   
20121227_027.jpg 20121227_029.jpg   

料理にサツマイモを使う頻度が多い。
(1)サツマイモの炊き込みご飯
(2)サツマイモとリンゴの重ね煮
(3)サツマイモをメインにした豚汁(イノシシ汁)

農家のレシピ サツマイモご飯」を参考にしているが、サツマイモは200gではなく、いつも500g以上入れる。酒50cc、塩小さじ1は同じ。

炊き込みご飯は炊飯器ではなく、いつも無水鍋で炊いている。炊飯器で炊いたことがないので味の比較はできない。

サツマイモは土のう袋に籾殻を入れ、納屋で保存していたが、家中で最も暖かい台所に今日移動した。7度以下が続くと腐敗するので、いつまで保存できるかわからない。



    
20121227_015.jpg 20121227_011.jpg 20121227_017.jpg
20121227_020.jpg 20121227_022.jpg 20121227_033.jpg

「野菜はともだち」の本のレシピから、「大根の味噌煮」を作った。レシピには、
(1)豚肉を5㎝ほどの長さに切る。大根は乱切りにする。
(2)鍋に油をひき豚肉を炒め、大根も加えて油がなじんだらひたひたの水で煮る。
(3)大根が軟らかくなったら、味噌、みりん、砂糖で味をつけ、ユズの皮をおろして加える。

豚肉の代わりにイノシシ肉を使い、炒めずに豚汁と同じ方法で、大根が煮上がる寸前に入れた。

出来上がってみたら豚汁とほとんど同じなので、それなら大根だけでなくニンジンやサツマイモが入った豚汁の方がおいしい。


近くに住む姉から「大豆」、「黒豆」、「アズキ」をもらったので、これからしばしば「大豆の煮豆」ができる。

大豆、黒豆は今年作ったが、エダマメまではよかったのに、その後、病害虫が発生したようで、いい豆ができず、田んぼに放棄したままになっている。

2030年 農業の旅→
ranking  

 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ