FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ハクサイとベーコンの重ね煮


20121215_001.jpg
 20121215_006.jpg 20121215_010.jpg 
20121215_018.jpg 

「ハクサイと豚肉の重ね煮」というレシピはあるが、イノシシ肉があるので最近は豚肉を買っていない。だから豚肉の代わりにベーコンとウインナーを使った。

タジン鍋に、ハクサイ、シイタケ、ベーコン、ウインナーを交互に並べ、アゲも少し入れ、柚子胡椒で味付けして蓋をし、弱火で15分、火を消して余熱5分で出来上がり。ポン酢で食べた。






20121215_012.jpg 20121215_014.jpg 20121215_020.jpg 

ゴボウはおいしい野菜だが、地中深く伸びるので作りづらい。家庭菜園でもあまり見かけないし、ボクも2回ほどしか作ったことがない。

ゴボウは作れなくても、それと同じような使い方ができるのが「キクイモ」である。風味が似ている。だからゴボウのレシピはキクイモと置き換えて考える。

「ゴボウの炒り煮」というレシピで、キクイモを使った。手順は、
(1)ゴボウとニンジン(色どり程度の量)を炒める。
(2)出し汁をひたひたに加え、中火で煮る。柔らかくなったら醬油とみりんで調味し、汁がなくなるまで煮る。


5分間の手間をとって「出し汁」を作ればよかったが、いつものように、砂糖、醬油、酒、みりん、削り節を同時に入れて煮た。

「おっさんひとり飯」の本でも、「ぜひ、だしを取れ! それこそが料理の本当の楽しさを知る最短距離ではないかと思います」と書いている。方法は、
(1)鍋に水を入れ5㎝角のダシ昆布と削り節をひとつかみ入れ、中火にかけ、アクを取りながら3分煮る。
(2)ザルにペーパータオルを敷き、だしをこす。

2030年 農業の旅→
ranking  
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ