FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ホウレンソウのココット


20121213_001.jpg
 20121213_007.jpg  
20121213_005.jpg 20121213_008.jpg 20121213_012.jpg 

一昨日、アジを買った日にサバも買っていた。サバは常に「塩サバ」を買っていたが、料理をするようになったので、名の知れた「サバの味噌煮」も覚えておきたかった。今回で2回目だが、このレシピを参考にすると失敗がない。手順は、
(1)サバは適当な大きさに切って洗い、80度ほどの湯で15秒ほど湯通しする。
(2)フライパンに全ての調味料を入れて煮立て、サバを入れて中火で10~13分煮ると出来上がり。途中で一度裏返した。





20121213_017.jpg 20121213_020.jpg
20121213_023.jpg 20121213_047.jpg

レシピを見て、簡単でおいしそうと思ったが、そうでもなかった。1回は作ってみないと自分の好みに合うかどうかわからない。手順は、
(1)ホウレンソウは湯がして冷水に取り、5センチ幅ほどに切って水気をよくしぼりながらボールに入れ、塩・胡椒をする。
(2)耐熱容器に入れ、真ん中に卵をおとし、ピザ用チーズと細切りしたベーコンを散らして、トースターで7~8分焼いて出来上がり。





20121213_026.jpg 20121213_030.jpg

ニンニク醬油で炒めたブロッコリーはとてもおいしい。これで3回目。ブロッコリーは茹でてから油をひいたフライパン(鍋)で炒め、ニンニク醬油で味付けして出来上がり。





20121213_034.jpg 20121213_036.jpg 20121213_039.jpg 
20121213_043.jpg 20121213_045.jpg 20121213_054.jpg  

去年の冬にしばしば作ったニンジンジャムを今季初めて作った。作り方はごく簡単で、ニンジンの皮をむき、スライサーですりおろして鍋に入れ、ニンジンの目方の30%の砂糖(90g)を入れ、ユズ果汁(レモン果汁の代わり)1個分を入れて、煮立ったら弱火にして15~20分して水分が少なくなると出来上がり。

作りやすい分量はニンジンでもユズでもキーウイでもルバーブでも「300g(原材料の重さ)」である。これくらいまでなら腐らさずに食べきれる。

なお、画像のスライサーはすりおろしが比較的に楽と思う。

2030年 農業の旅→
ranking
 
     
 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ