FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

野菜のかき揚げとトンカツ


20121203_002.jpg
 20121203_011.jpg 20121203_006.jpg
20121203_015.jpg 20121203_025.jpg 20121203_017.jpg  
20121203_020.jpg 20121203_027.jpg 20121203_035.jpg

「揚げるだけに下処理したトンカツをもらったので、今日は揚げ物にした。まず野菜のかき揚げから。

冬のかき揚げ用の具材は、ネギ、タマネギ、ニンジン、サツマイモ、ヤーコン、キクイモの6種類しか思い浮かばない。キクイモ以外の5種類を使い、具材の合計は前回同様、「サツマイモとニンジンのかき揚げ」のレシピの2倍量の460gにした。

野菜のかき揚げはまずまずうまくいったが、反省点として、
(1)小口切りした細ネギは、油の中で散らばりやすい→次回は入れまいと思う。

(2)タマネギはもっと小さく切るか、2~3時間干して使った方がばらけないので、次回はこの点に特に注意したい。

今日は、レシピの小麦粉大さじ6、片栗粉大さじ2、マヨネーズ小さじ2、冷水100ccの中に、酢大さじ1も加えた。酢を入れると時間が経過してもさっくさっくらしい。


トンカツは「NHKためしたガッテン」の本を参考にして「2度揚げ」をした。つまり、裏表1分ほどずつ揚げ、引き揚げて2分ほど蒸らし、もう一度裏表1分ほどずつ揚げて5分間放置(余熱調理)して出来上がり。

少しこげたがおいしかった。





20121203_038.jpg 20121203_045.jpg  

残った油を計量カップに入れて量ったら80ccほどあった。トンカツをしなかったら、前回と同じくらい半カップ(100cc)は残っていたと思う。今日使用した油は200cc-80cc=120cc。

2030年 農業の旅→
ranking 

    



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ