FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

グラタン


20121025_044.jpg

今日のグラタンは大成功だった。春先には何度挑戦してもはねかえされていたのに・・・。このレシピがとてもわかりやすかった。



20121025_002.jpg
 20121025_008.jpg 20121025_014.jpg  

まずジャガイモの皮をむき、5ミリ幅にスライスして、ひたひたの水で10分ほど茹でてジャガイモが柔らかくなったらザルにあげ、グラタン皿に入れる。 



20121025_010.jpg 20121025_015.jpg 20121025_017.jpg 

レシピにはなかったが、今回応用できたのが、他の野菜のトッピングであり、間引きニンジン、オクラ、ピーマン、シイタケを蒸し器で10分ほど蒸して柔らかくなったらジャガイモの上にのせた。 
 


20121025_004.jpg 20121025_021.jpg 20121025_022.jpg     

次にフライパンにバターを熱してベーコン1連を炒め、それからタマネギを入れてしんなりするまで炒めたら火を消し、小麦粉大さじ3を入れ、粉っぽさがなくなるまで30秒ほどよく混ぜる。次に牛乳を2カップ入れ全体をかき混ぜてから、中火でとろみがつくまで煮て、コンソメ、胡椒を入れホワイトソースの出来上がり。 



20121025_028.jpg 20121025_031.jpg 20121025_039.jpg   

グラタン皿の野菜の上にホワイトソースを入れ、上にピザ用チーズをのせ、250度のオーブンで15分焼いて出来上がり。
このレシピを記憶に留めるために、10日以内にもう一度作りたい。「グラタンの壁」は今日で突破できたと思う。 
   


   

20121025_053.jpg 20121025_056.jpg 
20121025_059.jpg 20121025_063.jpg 

グラタンがこってりしているので、付け合せはあっさりとシュンギクのゴマ和え。ゴマ和えの調味料は昨日と全く同じで、醬油、酒、みりん大さじ1、砂糖小さじ1をお椀に入れて混ぜ、シュンギクの入ったボールに入れ、すりゴマをふって出来上がり。

醬油が少し足らなかったので、醬油を少しかけて食べた。

なおシュンギクは茎の太い所から入れて1分ほど湯通しして冷水にとり、ざく切りしてよく水気を切リ、ほぐしながらボールに入れる。 
 



20121025_066.jpg 

レタスはドレッシングで食べた。
 
2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ