FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

サトイモの炊き込みご飯


20121017_004.jpg 20121017_006.jpg 

このレシピを参考にしてサトイモの炊き込みご飯を作った。できてすぐ2膳、夕飯にも2膳半食べた。あまりにおいしかったから。

サトイモで膨らむから白米は2合にした。調味料は醬油40cc、酒40cc、顆粒ダシ少々を混ぜ合わせて白米の中(無水鍋)に入れた。



20121017_022.jpg 20121017_024.jpg

サトイモ以外の具材は、シイタケ1枚、アゲ少々、チクワ少々、キクイモ5個は薄切りして白米の上に置いた(混ぜてはいけない)。キクイモは入れなくてもよかったがゴボウの代わりに入れた。



20121017_013.jpg 20121017_026.jpg 20121017_029.jpg 

サトイモの皮をむき、小さめの乱切りにして、上の具材の上に置いた(混ぜてはいけない)。



20121017_056.jpg

無水鍋の蓋(二重蓋)をして強火でしかけ、5分ほどして沸騰したら弱火にして20分、火を消して余熱20分で出来上がり。


20121017_046.jpg 20121017_048.jpg 20121017_057.jpg

出来上がったらすぐ蓋を開けて、小口切りしたネギを散らしてさっくり混ぜ、もう一度蓋をして2~3分蒸すと出来上がり。

最初この方法で作ろうと思ったが、今年の冬によく作った上のレシピを思い出し、この方が簡単においしくできそうな気がした。





20121017_035.jpg 20121017_063.jpg 20121017_068.jpg
20121017_069.jpg 

オクラを湯通ししてザルにあげ、一部はバター炒め(バターで炒め醬油で味付け)にして、一部は薄切りして醬油とかつお節で食べた。




20121017_037.jpg 20121017_039.jpg

少し残っていたエダマメを茹でた。




20121017_072.jpg 20121017_074.jpg 20121017_075.jpg  

ピーマンが残っていたので、定番の「ピーマンのジャコ煮」にした。ピーマンは細切りし、チリメンジャコを少し入れ、醬油と酒を同量入れ、水は入れずに強火でしかけ、1分ほどで沸騰したら弱火にして5分ほど煮て、砂糖を少し加えて味を整え、また5分ほど煮て水気がなくなったら出来上がり。   

  

     
20121017_085.jpg 

今日の雨は秋冬野菜にとっても春夏野菜にとっても100万ドルの雨だった。半日降っただけだが、まとまった雨量だった。定植したばかりのロケット(ルッコラ)、サラダミズナ、ホウレンソウ、ナバナにとっても貴重な雨だった。



20121017_099.jpg

今年はアブラナ科四天王(ハクサイ、キャベツ、ダイコン、カブ)の出来が良い。中でもカブはここ5年ほど虫害で出荷できなかったので、今年の成功はうれしい。



 
20121017_126.jpg     

まもなくユズの収穫ができる。「ユズ茶」、「ユズジャム」、「ユズ味噌」、「ユズポン酢」が楽しめる。ただ、3本のうち1本は隔年結果で実が一つもついていない。


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ