FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

韓国カボチャのベーコンチーズ焼き


20121011_041.jpg 20121011_045.jpg 20121011_054.jpg
20121011_055.jpg 20121011_057.jpg 20121011_076.jpg 

昨日収穫した大きい方の韓国カボチャを輪切りにして、ベーコンとチーズをのせてオーブントースターで8分ほど焼くとベーコンチーズ焼きの出来上がり。

ズッキーニの食べ方を100れぽレシピ集で探していた時に
ズッキーニのベーコンチーズ焼きを見つけ、韓国カボチャの方がうまくできると思った。

これくらいの大きさなら中のズも食べれる。ポイントは輪切りの厚みであり、8分というのは7~8ミリに輪切りした韓国カボチャが柔らかくなる時間である。厚すぎても薄すぎてもよくない。

韓国カボチャの収穫が始まる6月中下旬に何回も作った。 

  


20121011_004.jpg 20121011_005.jpg 20121011_021.jpg 
20121011_025.jpg 20121011_027.jpg

ニンニクを植える時期が来たから、今季最後の「ニンニク醬油」を作った。ニンニクは鱗片をばらして皮をむき、劣化した部分や根元の部分を切り取り、洗って瓶に入れ、醬油を注ぐと出来上がり。

残りは種にした。ばらした鱗片を前後左右10センチ間隔ほどで植える。収穫期はタマネギと同じ来春の5月末。  



  
20121011_035.jpg

昨日作ったハーブティはジョウゴでペットボトルに移し、冷蔵庫で冷やして飲む。ハーブティがあってもインスタントコーヒーは止めれないが、他の清涼飲料水は止めれる。

    


20121011_011.jpg 20121011_014.jpg 20121011_016.jpg
20121011_017.jpg 20121011_033.jpg 

一昨日作っておいしかったから、インゲンの炒め煮をまた作った。

インゲンは頭と尻尾を取って半分に切り、鍋に入れて油でよく炒め、醬油、砂糖、酒、みりん、イリコダシ、少量の顆粒ダシを入れ、ひたひたに水を入れて、沸騰したら弱火にして15分ほど煮ると出来上がり。火を止める2~3分前に醤油と同じ分量の酢を入れるとおいしい。
        


2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ