FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

チンジャオロース


20121010_100.jpg 20121010_099.jpg 20121010_089.jpg
20121010_083.jpg 20121010_079.jpg

放牧場で韓国カボチャが収穫できた。ヤギの好物だが糞尿の匂いでもしたのか食べていなかった。

それにしても韓国カボチャの生命力は強く、しかも節ごとに生っている。韓国カボチャは小さい時に収穫するとズッキーニと同じ食べ方で、大きくなって収獲するとトーガンと同じ食べ方をする。つまり、韓国カボチャ一種類で、ズッキーニ、韓国カボチャ、トーガンの3種類の料理が楽しめる。

最近のヤギの餌は、芋づる、エダマメの茎葉、片付け中のミョウガの茎葉、少しずつ片づけ始めたツルムラサキとエンサイ。モロヘイヤはすでにヤギの胃袋の中である。 


  

20121010_018.jpg 20121010_023.jpg 20121010_027.jpg

涼しくなって飲む回数は減ったが、麦茶の代わりに飲んでいる。左から、ステビア、レモングラス、アップルミント、レモンバーベナ。

沸騰したら火を消してハーブを入れ、1分ほど蒸らすと出来上がり。ハーブはすぐに取り出して捨てる。






20121010_010.jpg 20121010_012.jpg 20121010_014.jpg  

いつものエダマメ。



20121010_002.jpg 20121010_007.jpg     
20121010_059.jpg 20121010_063.jpg

いつものポリポリキュウリ。


  

20121010_048.jpg 20121010_051.jpg 20121010_053.jpg

ピーマンの青椒肉絲(チンジャオロース)。ごく簡単でおいしかった。豚肉やミンチ肉は購入時に100gずつ小分けして冷凍しているのでそれを自然解凍して使う。

「オイスターソース」はレシピに載っている場合しか使わないので、なかなか減らず、賞味期限がせまっている。






20121010_030.jpg 20121010_033.jpg 20121010_037.jpg

オクラは2回に分けて茹で、一つはバター炒め(オクラは半分または3つに切り、バターで炒め、醬油をまわしいれて出来上がり)。 

 

20121010_040.jpg   

一つはピクルス(ヘタを切ってコーヒーの瓶に入れ、麺つゆ2、酢1、ごま油少々の割合でタレを作って瓶に注ぐと出来上がり)。

タレは少なくても、オクラがだんだんとめたってくるので4分の1~5分の1ほど浸っていればよい。 



20121010_046.jpg  

一つはカツオブシと醬油で食べた。 


2030年 農業の旅→ranking






このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ