FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

芋飯


20121008_001.jpg
 20121008_005.jpg
20121008_037.jpg 20121008_041.jpg

飽きもせず、今日もポリポリキュウリ。

普通、同じものをこんなには作り続けれないものだが、おいしいから作っている。

ポイントは塩もみをして2時間ほど置くことにある。その後、タレに漬ける(まぶす)。





20121008_007.jpg 20121008_012.jpg 20121008_015.jpg

定番のエダマメ。これも飽きがこない一品であり、まだまだ続く。



20121008_011.jpg 

8匹入りだったので、残りの4匹を焼いた。





20121008_017.jpg 20121008_021.jpg 20121008_023.jpg
20121008_027.jpg 20121008_065.jpg 20121008_070.jpg 

芋飯は昔、貧農が白米を増量させるために入れたようだ。つまり高価な白米は最小限だけ残し、残りは売っていた。

三里塚微生物農法の会ワンパックグループの著作である「おいしく食べよう百野菜」にも、サツマイモご飯のレシピに「開拓時代は米とサツマイモの量が逆でした」と書かれている。

そんなにおいしいものではないが、食べていると気持ちがなごむ。

無水鍋の最大のメリットは混ぜご飯がおいしく炊けれることにある。「グリンピースの豆ご飯」、「玄米ダイズご飯」、「サツマイモご飯」、「サトイモご飯」、「シイタケの炊き込みご飯」、「サトイモの炊き込みご飯」。
 

   

20121008_031.jpg 20121008_033.jpg 20121008_059.jpg 

ゴーヤの甘酢漬けを作った。ゴーヤは1センチ以上の厚切りにして(ここがポイント)、塩もみをし、さっと湯通しして冷ます。

甘酢は、酢と砂糖を2対1の分量にしている。今日は酢を1カップ半、砂糖を0.7カップ入れて火にかけて溶かし、風味漬けにニンニク醬油大さじ1、ニンニク醬油のニンニク1片をすりおろして入れ(ここがポイント)、コーヒーの瓶に入れたゴーヤに注ぐと出来上がり。

右端の画像の2瓶の左は2週間ほど前に作ったものを食べているが、作って10日以上経過してからがおいしくなる。


  

20121008_078.jpg 20121008_081.jpg 20121008_086.jpg
20121008_093.jpg 

ニンジンの間引き菜は1センチほどにみじん切りして、沸騰した湯で3~4分湯通しして冷水に取り、水気をよくしぼり、一部はゴマ和え(醤油、砂糖、酒、市販のすりゴマ)にした。

ダイコンとカブも昨日と今日、間引いて、大量の間引き菜があるが、アブラナ科四天王(ハクサイ、キャベツ・ブロッコリー、ダイコン、カブ)は数日前に2回目の農薬散布(トレボン1000倍液)をしたので食べれない。

今日も2時間を超える立ち労働になった。1日2時間を料理にあてれるのも、来春から年金というベーシックインカムがもらえるので、それが背景にあるから時間を費やせる。

2030年 農業の旅→
ranking  

  
      

   



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ