FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

タジン鍋

 
20121006_080 (1) 20121006_082 (1) 20121006_083 (1) 
20121006_086 (1) 20121006_103 (1) 20121006_107 (1)

忙しかったから今日はタジン鍋にした。ニンジン葉(間引き菜)を下敷きにして、タマネギ、ピーマン、オクラを置き、その上にサケとウインナーを置き、蓋をして弱火で15~20分、火を消して余熱5分で出来上がり。

冷凍していたサケをすぐタジン鍋に置いたので、いつもより3分長く18分加熱した。

タジン鍋の火を消すタイミングは、蓋の周囲にぶくぶくと泡や水が出て、炊けたことを教えてくれる。

野菜から水が出るので水は入れないが、食べた後には少し水分が残っている。

コメリのタジン鍋は他のタジン鍋より大きいが、それでも2人用で、3人分も入らない。

塩・胡椒か、もしくは柚子胡椒の味付けをするが、今日はうっかり忘れた。

いつもポン酢で食べている。

11月に入ればユズが収穫できるので、ユズ果汁半分、醬油半分の自家製になるが、タジン鍋は冬野菜より夏野菜で利用する方が多いと思う。
  


  

20121006_093 (1) 20121006_096 (1) 

定番のエダマメ。

2030年 農業の旅→
ranking 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ