FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ムラサキ芋のカレー風味


20120826_002.jpg 20120826_003.jpg 20120826_006.jpg
20120826_011.jpg 20120826_014.jpg 

無水鍋で豆ご飯が炊き上がったらすぐに、さっくり混ぜてさまし(水分をとばし)、5分ほど経過してから炊飯器に移す。
     
 

20120826_034.jpg 

今日も作ったポリポリキュウリ(野菜はともだち参照)。暑い時期の朝食に欠かせないから。




20120826_024.jpg 

クックパッドのゴーヤ料理を見ていたらゴーヤ甘酢漬けで目が止まった。ゴーヤを切って、醬油100cc、酢100cc、砂糖大さじ3の調味液に漬けるだけ。

グーグルで「ゴーヤの甘酢漬け」と検索したら、いろんな方法の甘酢漬けが出ていた。その中で次回はこのゴーヤの甘酢漬けを作ってみようと思う。





20120826_026.jpg 20120826_030.jpg 20120826_042.jpg
20120826_046.jpg 20120826_043.jpg 20120826_047.jpg

「サツマイモ(ムラサキ芋)のカレー風味(野菜はともだち参照)」の作り方は、
(1)サツマイモは皮のまま一口大の乱切りにして水にさらす。
(2)鍋にバター少々をとかし、水気を切った芋を炒める。
(3)水を少量入れて弱火で蒸し煮する。
(4)柔らかくなったら、塩とカレー粉を振り入れて仕上げる。


無水鍋を利用し、水はコップに4分の1ほど入れて「25分間弱火で蒸した」ら、今日のは蒸し過ぎで少し焦げつき、煮崩れしてしまった。


20120826_057.jpg

しかし、失敗は成功の母。

煮崩れしたムラサキ芋(ボクの作っているムラサキ芋は多収であるが甘味は乏しく、加工用の品種です)を見て、おはぎ等の菓子作りをしてみようと思った。 



   
20120826_066.jpg    

アナゴの卵巻きとアジの塩焼きは家人が作った。

2030年 農業の旅→
ranking 




     
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ