FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

沖縄愛楽園  城 郁子さん(1)




涙出づるまで心素直となりて臥す栴檀の黄の実見ゆる吾が部屋





二十幾年相見ぬ父が文くれぬ悲しきまでに心昂る





海の見ゆる家にて父母に抱かれたる幼き記憶美しかりき





潮騒の音きこえくる松原にいたく老いたる父と会ふ夢





母の指環米と代へたる日よりはや十四年過ぎぬ唯病みつぎて





我ひとり生みて五十の齢過ぎまだゆたかなる母の黒髪





親しみて吾が部屋に来る少女なれば愛しみたりき共に病みつつ





少女待ちて長き一日のくれむとす厨に桃の淡く匂ひて





幼き日幼きままに恋ひたりき若き日の父の写真古びぬ





笹の葉に秋の光のしろくして君が逝きしを遠くわが聞く



 


2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ