FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

星塚敬愛園  岡村春草さん



長き夜や書にふるる吾にまなこ欲し




いただきし足袋膝にのせ足が欲し




浴衣着て受洗の式に背負はれゆく




爪切りに廻る看護婦春日和




猫抱いて年賀に廻る癩夫婦




日の当る縁へひろがる初句会




秋風や口もて開く薬包紙




梅の香に行き当りけり探り杖




顔出して蓑虫風を伺へり




白粥に割って貰ひぬ寒卵




門火焚く闇より亡母来給へり




車椅子寄せ合ひ憩ふ花の下




補聴器に二月の雲雀とらへけり



岡村春草さんの略歴
星塚敬愛園 療養生活の中で盲目の身となり、失意のどん底にあった昭和26、7年頃、園職員らが芭蕉の『奥の細道』を朗読してくれたのを機に俳句の道へ。鹿屋星塚敬愛園の機関誌「姶良野」、近藤忠主宰「雲海」、菊池恵楓園発行「草の花」へ投句。敬虔なカトリック信者。昭和52年から重病棟入りを繰り返すが、昭和54年「自分の生命の分身である句」(岡村)をまとめ『彌撒旦暮』を出版。他に合同句集『麦畑』(昭和36年)。 



2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ