FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

過去記事より タワーマンション



2019年 8月18日の記事の再掲です。


 
2022年、タワマンの「大量廃墟化」が始まることをご存じですか 不動産業界では暗黙の常識(週刊現代)


タワーマンションには、いろんな問題があるんですね。この記事を読んで初めて知った。


タワーマンションという言葉を実感として自分の心に捉えたのは、7月17日の朝日新聞のトップニュース『「階級社会」へ日本の変質』(社会学者・橋本健二さんへのインタビュー記事)からだった。


年に1度、農閑期に大阪へ遊びに行くが、その時に、東大阪の永和駅前の高層ビルや放出駅前の高層ビルを目にして、かなり威圧感を感じていた。これはタワーマンションだったのだ。


こんな空中空間には怖くてぼくは住めないし、もちろんステイタスシンボルとかみじんも思わず、「こんなところによく住めるなあ」という気持ちが強い。


ここに住む多くの人は「仮の宿」と考え、「永住空間」とは考えていないのだろう。


人間が生きておれるのは80年ほどだから、どこに住んでもいいし、経済的なこともあって、誰もが望むような場所に住めるわけではないし、いったん住み始めたら、さらなる移住は簡単ではない。


転職を繰り返して、地元に帰り、また転職を繰り返し、結局、農業を始めたが、築68年の家に住んでいる。昨年の3月に屋根瓦だけ交換した。


家に関しては雨露がしのげたらいい。経済的にそれ以上のことは望まなかった。


集落には新築の立派な家も多いが、比較はしなかった。自分は会社に縛られることなく、自由な農業をしているのだから、それ以外のことに欲望を持たないようにした。


住宅事情は多くの人にとって大変な問題かも知れない。ただ、あのタワーマンションだけは、人間を疎外するような建物であり、空間である。


人間は大地(土)からあまり離され過ぎると、心身に不調をきたすように思う。


「土着性」という遺伝子は、今の世代では、まだ切り離すことができない本能的な拠り所と思う。




2030年 農業の旅→にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ