FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

田んぼのシンドラー

0901120104.jpg  0901120102.jpg
0901120111.jpg  0901120110.jpg  0901120107.jpg

 事態は風雲急をとげ、このヤギ2匹が無料でもらえることになった。今朝までは想像もしなかったのに。

 今日は下の画像でアップしている炭焼きに誘われていた。場所は、我が家から車で50分ほどの和気郡 佐伯町のリンゴ園であった。
 
 途中から友人の車に乗せてもらったが、その時に「ヤギを飼いたいが、誰か知った人はおられんかな」と尋ねると、今日炭焼きをする所で飼っている人がいると言われ、さっそく現地で「ヤギが欲しい」と話すと「あげる」と言ってくれた。
 ただ、生まれてまだ1ヶ月ほどであり、3ヶ月は母ヤギから離さない方がよいので、2月末にとりに来るようにと言われた。
 何かトントン拍子。
 それまでにヤギの本を1~2冊読んで、物置を半分片付けて柵をするつもり。

 
炭焼き

 今日のメインイベントはこれ。とても簡単な組立て式炭焼き窯だった。農林試験場の方が考案された窯で、当人が指導に来られていた。窯一式は外注で2万9千円。
  
 
0901120088.jpg0901120086.jpg0901120014.jpg

0901120009.jpg0901120020.jpg0901120023.jpg

0901120042.jpg0901120044.jpg0901120049.jpg

0901120079.jpg0901120063.jpg

0901120091.jpg 0901120095.jpg0901120099.jpg

 歩留まりは16~20%ほど。口炊きは15~20分ほどで着火する。乾燥した木や竹なら2時間半ほどで焼きあがる。煙が透明になったら、下部と、上部の煙突がわりの煙の出口を土で密閉する。その後3時間ほど冷却して完了。9時過ぎから始めて3時頃には終わった。3窯で焼いた。
 材料さえ準備できれば、簡単に焼けそうである。

  
  0901120050.jpg

 窯の上で栗や銀杏を焼いた。焼き芋もおいしくできるらしい。お茶を沸かしたりもできる。
 この窯では他に、
(1)ニワトリ等の燻製
(2)籾殻を焼く
(3)観賞炭(まつぼっくり等のお花炭)
も作れるようである。

0901120066.jpg   0901120067.jpg

 昼食に焼きおにぎりとおいしい沢庵を頂いた。焼きおにぎりを食べたのは数十年ぶり。今度うちでもやってみよう。

0901120052.jpg0901120054.jpg0901120060.jpg

 山の頂上の限界集落で、今日は粉雪が舞っていた。野菜も作ってリンゴ園で売られている。夏はこのハウスでミニトマト等を作っている。
 
 山の赤土なのでサツマイモを作るととてもおいしそうだ。右の画像で、イノシシを追い払う犬の小屋が見える。


田んぼのシンドラー
 

 ここのリンゴ園は町の施設で赤字が続いていたが、現在はSさんが経営を委託されている。
 
 今日の感動的だったことは、Sさんがホームレスの人の力になりたいと話されたこと。食べることと寝る場所は確保でき、4~5人ほどならお世話をしたいと言われる。

 この話を聞いて、ボクも何かお役になれたらと思った。まさにSさんこそ、田舎へのパスポートを提示できる人だと思う。10年ほど前、大阪からこの地にIターンをされた50代後半の方です。

 
 真面目な方で、農業に興味がある人でしたら、年令は不問です。仕事は
(1)リンゴの木の剪定作業
(2)炭焼きの手伝い
(3)各種農作業
(4)農地の開拓(開墾)

 給料というほどはお支払いできませんが、食べることと寝る場所、少しの小遣い程度はお支払いできるようです。

 リンゴの加工場(町施設)も任されて、リンゴ果汁等も作られている。パンを焼く設備もある。元コックさんなので、それらには精通されているようです。
 
 ただ、当地の水や空気や風景が当人に合うかどうかはわからず、やってみないと農作業が自分に向くかどうかはわかりません。
 
 仮に1週間、1ヶ月ほどで元の町に帰られたとしても、それはあまり問題にならないと思います。なんなら私が中に入ってもかまいません。
 
 ただ、一人はパソコンに精通された方を希望されています。イベント等の情報発信をしたり、ワードやエクセルでのパンフレット作りです。

 大半は有機農業であり、少量多種類生産なので、特定の農作業を長時間するようなことはありません。Sさんの他に地元の方が3人手伝われていますが、どの方もとてもよい人です。

 もしこの地が気に入れば、当地で独立(自給自足型農業)も可能ではないかと思いました。

 ご紹介する以上は、私も責任がありますので、働く場所がなく、本当に困っている人だけが対象です。


あなたの一票が、農業ルポライターへの
道を開いてくれます→
ranking

  

 


 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ