FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

毎日同じような献立になってしまう


20120806_006.jpg 20120806_017.jpg

ピーマンのジャコ煮。ピーマンを細切りし、チリメンジャコ、醬油、酒を入れて炒り付け、最後に砂糖を少し加えて味をととのえる。ピーマンから水が出るので水は入れない。

現在使っている旬の野菜は、
1類→ジャガイモ・タマネギ(長期保存野菜)
2類→キュウリ・ピーマン・オクラ(生り物)
3類→ナンキン・ニガウリ(ウリ科野菜)
4類→エンサイ・ツルムラサキ・モロヘイヤ・青シソ(葉物)

ナスビは7月26日に秋ナスに向けて更新した。茎は半分切り戻し、葉は全て落としておくと、1か月後の8月26日頃からピッカピカの秋ナスが生り始める。秋ナスにはテントウムシダマシ(ニジュウヤホシテントウ)という害虫は全く発生しない。




20120806_019.jpg
 20120806_020.jpg  

青シソとミョウガの千切り。ソーメンを少し茹でた。




20120806_001.jpg 20120806_029.jpg 

ポリポリキュウリ。 


   
20120806_026.jpg 

湯通ししてオクラを薄切り。カツオブシと醤油で食べた。 




20120806_031.jpg 20120806_041.jpg 

豚肉とゴーヤとエンサイを炒め、ニンニク醬油で味付けした。

大葉ニンニク醬油」は作らなくなったが、「ニンニク醬油」はポリポリキュウリと炒め物によく使う。


オリンピックを見るとどうしても夜更かししてしまう。それでも朝は早く起きるので、昼寝をする。昼寝から目覚めて夕飯を作ると、夕方の農作業は2~3時間しかできない。

毎日、うだるような暑さが続いているが、お盆を過ぎると秋の種まきをスタートする。
8月15~17日・・・キャベツ、ブロッコリーの種まき
8月20日前後・・・ニンジン、ツルナシインゲンの種まき
8月25日頃・・・レタス、シュンギクの種まき
8月28日頃・・・ハクサイの種まき

2030年 農業の旅→
ranking    

 


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ