FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ニワトリとの向き合い方を変えてくれる予感



鳥インフルエンザが兵庫県淡路市の養鶏場でも発生し、国内では香川県、福岡県に続いて今季10例目となった。


もし、政府からの補償がなく、全額が自己負担(会社負担)になれば、「飼い方のリスク」が大きすぎるので、生産者は激減するだろう。


逆に政府補償が手厚いなら、本来なら「淘汰されるべき飼い方の方法」が淘汰されずにそのまま継続されてしまう。


少羽数では鳥インフルエンザのリスクはかなり低いようである。

理由は、

(1)自由に動ける空間

(2)少ない羽数なら青菜が与えれる

このような飼い方は、何万羽をウインドレス鶏舎で飼う方法に対して、耐ウイルス性が強いと思う。そして空気の流通もいい。


ニワトリを10~20羽飼うことは、野菜残渣(出荷できなかった野菜を含む)を平らげてくれるので「もったいない感」が少ない。


卵を目的とせず、残渣処理の生き物と捉えるなら、もっと粗放な飼い方ができる。

まだ18羽(導入時は23羽)いるし、1日に1~2個産んでくれれば、それで十分だし、

稲作農家からコゴメをもらえるし、

コイン精米機へ、時々米ぬかを集めに行き、

エダマメ、ナンキンくず、サツマイモくず、ジャガイモくずなど、比較的長期にわたって保存できるものもある。

ナス、ピーマン、オクラ等、生りすぎても困らないし、出荷ができなくても、後ろに鶏が控えていると思うと、多少の植え付けロス、生産ロス、出荷ロスなどに、惜しいという気持ちが生じない。


4年に1度、3~4人で「60羽ほど注文」していたが、西濃運輸のことと、ヒナ1羽の価格の高騰を告げると、みんな止めると言う。中にはふ卵器を使ってヒナを孵すと言う人もいる。


それがきっかけで、4年ごとの淘汰は止めて、飼い続けようと気持ちが初めて生じた。


現在の18羽(オス1、メス17)が、果たしていつまで生き続けるだろうか。

4年後、何羽が生き残っているだろうか。

4年後、卵は一日に何個産んでくれるだろうか。

今後は未知との遭遇になる。

ニワトリ歴の最後に到達した飼い方になるかもしれない。

現実には今のニワトリ18羽は、ニワトリに多い「尻つつき」は全く見たことがないし(嘴のデービークはしていない)、秋の羽替えが終わって、羽はぴかぴか、ふさふさで、つやがある。そして産卵率は5割に戻った。

今後は徐々に購入飼料は止める方向にもっていきたい。



ヒヨコが簡単に手に入らないという出来事が、ニワトリとの向き合い方を変えてくれそうな予感・・・


2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ