FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

今回は逆に尹氏が辞任に追い込まれるだろう



朝日新聞 11月26日 5面


2020-11-26 005
  2020-11-26 003 

韓国、法相VS検事総長 過熱


韓国で、政権与党の有力者を容赦なく捜査してきた検察トップの尹錫悦検事総長が窮地に追い込まれている。


文在寅政権の秋美愛法相が24日の記者会見で「深刻で重大な不正を多数確認した」として尹氏の懲戒を請求し、職務の執行停止を命じたと発表。


尹氏は反発しており、法廷闘争に発展する可能性もある。




韓国で法相が現職の検事総長に職務の執行停止を命じたのは初めて。


秋氏は会見で、娘の奨学金に絡む収賄罪などで昨年末に在宅起訴された曺国前法相などの裁判をめぐり、尹氏の主導で最高検が担当裁判官の政治的思想などを不正に調査したと指摘した。


秋氏は、尹氏の政治的中立性が損なわれたとも主張。


政権与党に抵抗するイメージが定着した尹氏が、次期大統領候補を尋ねる世論調査で与党の有力候補に並んで上位に名を連ねるようになったことを挙げた。


秋氏は、尹氏とメディアとの不適切な関係も指摘し、「検事総長としての職務を遂行することは許されない」と断じた。


秋氏の会見後、尹氏は声明を出し、「検察の政治的中立を守るため、恥じることなく任務を全うしてきた」と反論。「違法で不当な処分には最後まで法的に対応する」と述べた。職務遂行停止の取り消しを求め、行政訴訟を起こすと見られる。


保守系最大野党の報道官も「法を守らなければならない法相が、超法規的な最悪の手に出た」と批判した。



文大統領をはじめ、韓国の進歩(革新)勢力は検察について、過去の軍事独裁政権や保守政権下で市民の弾圧に加担した機関との見方を強く持っている。


文氏に検察の権限を弱める改革への意を強くさせたのは、文氏が大統領秘書室長などとして支えた故・廬武鉉元大統領の自殺だ。当時は保守の李明博政権下で、検察が廬氏の家族の金銭授受疑惑を捜査していた。


文氏は、「権力から独立した検察」が持論で、保守派の朴槿恵前大統領をめぐる贈収賄事件への捜査を率いた尹氏に着目。内部からの改革を期待して、昨年7月に検事総長に登用した。


ところが、尹氏は文氏の側近で検察改革を託された曺氏を捜査し、辞任に追い込んだ。


曺氏は法相として、政治家や官僚らを対象とする捜査権を検察から新設する独立機関に移す立法措置を主導。このため、政権与党内には曺氏の立件を検察改革潰しと捉える向きが強い。


辞任した曺氏の後任として今年1月に法相に就いた秋氏も尹氏と対立。曺氏に絡む事件の捜査で陣頭指揮を執ってきた検察幹部の大規模な配置換えを断行した。


一方、検察は秋氏を捜査対象にした。兵役中だった息子の休暇などをめぐって特別扱いを軍に働きかけた疑惑が浮上したからだ。


9月下旬に不起訴処分となった秋氏は、尹氏が政権与党関係者への捜査に熱心なのは検察改革を妨害するためだと批判。辞任に追い込む動きを強めていた。




曺氏の件に関しては、朝日新聞がくどいほど、途中経過を記事にしており、朝日の「文在寅政権蔑視記事」と思っていた。


今日の記事は客観的だった。


2匹目のドジョウはいなかった。今回も法相を狙ったのは、尹氏の「検察改革の妨害」と受け止められても仕方がないのではないか。


とにかく韓国の現在は、民主主義的勢力が強くなっている。今後は「尹氏に関すること」が、赤裸々になるような気がする。


2030年 農業の旅→ranking



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ