FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  古賀法山さん



法を捨て家をも捨てし吾身はも此の療院の廊下行き来す




台湾に父は行くぞとだまされて別れし父を吾子は待つらむ




昼深み軒に吊せし鳥籠の鳥
さえずらず桜散り居り




病みの身も汝が学校を終るまで命惜しみて生きむと願ふ




これの世に又見ぬ友が姿かも柩のふたの釘打ちなづむ




何がなし君の生命の迫りたる予感を覚ゆ暑きこの頃



古賀法山さんの略歴
生年不詳。昭和2年菊池恵楓園入園。「檜の影」「古城」「水甕」所属。昭和11年没。『檜の影』第二集(昭和4年)『檜の蔭の聖父』(昭和10年)『菴羅樹』(昭和26年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)



2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ