FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  青木伸一さん(7)



若く病み働きたくて逃走せしといふ寝たきりの老い目を潤ませつ




十三人兄弟の残る我等三人それぞれ病みて二十年会はず




否も諾もなく療養所に養はれ今日の日のありて君にまみゆる




亡きあとはここに納めてくれと言ふ君と球磨川を遡りきぬ




檜の山の落葉を焚きて戦中戦後を凌ぎ来し患者ら皆老いに入る




熊本の書店に委託せし「菊池野」誌の売れて二冊となる嬉し




生ひ立ちと吾らの病ひとは異なれど偏見は哀し部落の君も




喉乾き夜半にし妻に呼ばむにも離りて過ぎし二十七年




一銭にもならぬ書などと呟やけり行商し子らを育てし妻が




自転車で行商を長くせし妻が背をまるめ落葉を掃きゐる寂し




2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ