FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

菊池恵楓園  入江章子さん(7)




わが内の声を写せといふ言葉あり乏しきわれを真夜になげかふ




澄み果てし空にむかひて歌うたふ処女の一群あり枯原のなか




ねむごろに見舞ひの言葉のべ草葉厚相は予算削減の事実にはふれず




病む父のことにて争ふ祖母と母をかなしみ記す姪の日記は




吾ら夫婦に子供のなきを姪ら問ふ一夜泊りてしたしみしとき




己れより出でし汝の病と嘆きゐし父の亡きことも今の救ひか




看護りあふといふ言葉美しければにくみあひまた苦しみて守り来りぬ




瓶にさす柳の枝の蓑虫の生きゐて或る夜蓑のまま這ふ




入江章子(吉村章子)さんの略歴
大正11年三重県上野市生まれ。昭和15年三重女子師範在学中に発病。長島愛生園に入園。「萩の花」に参加。戦争中は退所して軍需工場に動員。昭和20年再入所。昭和24年菊池恵楓園に転園。伊藤保、津田治子らと出会う。「檜の影」「アララギ」入会。昭和27年入江信と結婚。昭和33年吉村章子の名前で「未来」に入会。長い空白の後、入江章子名で「未来」再入会。「牙」に参加。昭和57年度「未来賞」受賞。
森岡康行は実弟。『菴羅樹』(昭和26年)『陸の中の島』(1956年)『海雪』(昭和35年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)『青天』(昭和62年)『辰砂の壺』(平成11年)


2030年 農業の旅→ranking 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ