FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ハーブティ・ルバーブのジャム


20120425_016.jpg
 20120425_021.jpg 

チクワとシイタケとニンジンとタマネギの煮物を作った。シイタケをどう使おうかと考えていたら、この料理になった。ダシはいつもの砂糖・醤油・酒・みりん・いりこで、水は目分量で入れた。

煮物はボクの定番だし、シイタケの入った煮物はおいしい。夕飯は他にアジの塩焼き。



20120425_026.jpg 

夕飯後、ハーブティとルバーブのジャムを作った。暑い日など麦茶が欲しくなるので、麦茶の代わりにハーブティを作って冷蔵庫に入れておく。今日収穫したハーブはアップルミント、レモンタイム、レモンバーム、セイジ。

 
20120425_036.jpg 20120425_040.jpg 20120425_047.jpg 

ルバーブは230gあった。洗って小口切りして鍋に入れ、30%(70g)の砂糖を入れて、弱火で12分で出来上がり。


 20120425_057.jpg 

収獲が始まったばかりで若々しいせいか、12分で画像のようになった。ただ、酸味があるので30%の砂糖では少ないような気がした。ニンジンジャムもキーウイジャムもユズジャムも30%の砂糖でちょうどよかったが、ルバーブのジャムに関してはいつも作っていた50%の砂糖がいいように思った。



  
  
 
20120425_050.jpg 20120425_052.jpg  

やかんに水を沸騰させて火を止め、4種類のハーブ(いつもは2~3種類)を入れて2分ほど蒸らすと出来上がり。ハーブは取り出して捨てる。長くやかんに入れておくと苦くなる(風味が損なわれる)。

ハーブの量は適当である。多ければ30秒ほどできれいな草色がつくし、少なければ3~4分かかる。

  
  
 
20120425_067.jpg  

やかんのハーブティは冷めてから翌朝ペットボトルに移し冷蔵庫に入れておく。急ぎの時は氷を浮かして飲む。

2030年 農業の旅→
ranking 
   
   
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ