FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

初物づくし


20120415_002.jpg
  

トマトホール缶を使って「ポークビーンズ」を作る予定で、昨晩、大豆を水にかしておいた。

朝起きて、全部をポークビーンズに使って、もしおいしくなかったら困ると思い、一部を「玄米大豆ご飯」に使った。初めてなのでとりあえず「2合」を炊いてみることにした。無水鍋でもできるようだが、玄米と大豆なので「圧力鍋」を使った。

玄米2合(2カップ)に対して水は3カップ入れた。大豆が入るから水はどれくらいにすればよいか迷ったが、シイタケの炊き込みご飯を作る時(無水鍋を使用)は米3合(3カップ)に対して水4カップだから、玄米大豆ご飯が2合(2カップ)なら、水は3カップでよかろうと思った。



 20120415_007.jpg 20120415_013.jpg 20120415_015.jpg

沸騰したら弱火にして15分、火を消して余熱で15分で出来上がり。出来上がった時はちょっと水の量が多かったかなと思ったが、時間の経過とともにちょうどよい水加減になった。

あまりにおいしく、朝炊いたのに夕飯の時には少ししか残っていなかった。おかずなしで、これだけでも食べれた。



    
20120415_053.jpg 20120415_060.jpg 20120415_058.jpg
20120415_063.jpg 20120415_068.jpg 20120415_065.jpg

ポークビーンズはこのレシピを参考にした。圧力鍋でダイズの水煮を作りながら、別の鍋で豚肉、ベーコン、ニンジン、タマネギ、ジャガイモを炒め、タマネギがすき通ってきたらトマト缶、水100ccを加え、その後、大豆を入れ、コンソメ、塩・胡椒、ケチャップ、砂糖で味付けをして10分ほど煮込んで出来上がり。
   
  
20120415_072.jpg 20120415_088.jpg 

レシピに給食でも大人気と書いてあったが、あっという間に50年をタイムスリップして思い出した。確かに給食でこの「ポークビーンズ」を何回か食べた記憶がある。今の小学校でも「ポークビーンズ」は定番メニューなのだろうか。

大豆の煮豆は冬中よく作ったが、洋風のポークビーンズは初めて。こってりはしているがスプーンがとまらなかった。
  



    
20120415_018.jpg 20120415_033.jpg 

2日間待ったおかげで竹の子が大きくなった。それでも皮をむいたら右の画像の大きさになった。

26の待ち受け箱に今日もミツバチは訪問してくれなかったが、葉タバコ跡地でワラビがたくさん収穫できた。どちらも春の初物である。

 
20120415_026.jpg   

竹の子と共同歩調をとるかのように、山椒の新芽も伸びてきた。

   
   
20120415_039.jpg   

今日、里芋の種芋を伏せた。明日中には終わる。4列はポリマルチ、2列は草マルチの予定。種芋は合計で300個ほど。これくらいの定植数が自分にとっては限度である。
 
    
 
20120415_046.jpg 

エンドウの花が咲き始めた。あと2週間ほどで収穫期に入る。先日の台風(春の嵐)でも、どうやらオクラの支柱が持ちこたえてくれた。



20120415_052.jpg 20120415_050.jpg

ルバーブは快調に大きくなっている。5月連休明け~初霜(11月23日前後)の頃まで、ルバーブのジャムが楽しめれる。





20120415_076.jpg 20120415_078.jpg   
20120415_081.jpg 20120415_085.jpg 20120415_100.jpg

根元の方の固い所は「竹の子の佃煮」に、


20120415_099.jpg 20120415_110.jpg 

上部のやわらかい所は「竹の子の土佐煮」にした。    
   
     
  
20120415_113.jpg 20120415_116.jpg
20120415_119.jpg 20120415_122.jpg 

ワラビは沸騰した湯で3分ほど茹でてザルにとり、熱いうちに木灰をまぶし、完全に冷えてから水につけて一晩おいてアク抜きをする。このレシピを参考にした。

2030年 農業の旅→ranking 

   



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ