FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ケチャップライス


20120412_003.jpg 20120412_036.jpg 20120412_041.jpg

近所の人から、ダイズといっしょにアズキをもらっていた。「アズキご飯」か「ぜんざい」と思ったが、ぜんざいにした。

アズキは一晩、水にかしておいた。レシピには沸騰させてアク抜きすると書いてあったが、新鮮な野菜やアズキ(昨秋収獲)はアク抜きの必要はないと思う。だからこのまま圧力鍋で煮た。

レシピにアズキが煮えてから砂糖をいれると書いてあったので、普通の鍋に移して砂糖を2回に分けて入れた。

アズキ1カップに対して砂糖も同量の1カップと書いてあったが、それだけ入れてもそんなに甘いとは思わなかった。塩は小さじに半分ほど入れた。

毎日少しずつ5~6日かけて食べる。
 
 


20120412_007.jpg 20120412_010.jpg 20120412_014.jpg
20120412_017.jpg 20120412_020.jpg 20120412_023.jpg 

アズキを煮ている間に、いつものニンジンケーキを作った。
小麦粉→150g
ニンジン→250g
砂糖→40g
卵→2個
サラダ油→大さじ2
ベーキングパウダー→小さじ1
シナモン→少々

  
  
  
 20120412_043.jpg 20120412_049.jpg 20120412_053.jpg 

ケチャップライスはチャーハンより失敗は少ない。レシピにも書いてあるが、ポイントは「ご飯を投入する前に野菜にケチャップを入れる」ことだと思う。

具材はベーコン、ニンジン、ナバナ、タマネギのみじん切りで、ナバナは茎が少し硬くなっているので湯通ししてからみじん切りにした。

ベーコン、ニンジン、タマネギを炒め、よく火が通ったらナバナを加え、塩・胡椒で味付けし、ケチャップを目分量で入れた。野菜とケチャップがよくなじんだらご飯を投入し、ほぐれるまで炒めて出来上がり。

入れたケチャップの量が少なく、ソースをかけて食べたが、簡単に作れておいしい。


竹の子は今日は出ていなかった。ミツバチの巣箱も、10時頃、昼前、午後2時半頃の3回見回ったが変化なし。

キンリョウヘンの花を4月20日頃に照準を合わせて咲かせるのは、なかなか難しい。手元にあるキンリョウヘンの花が咲くのは、分蜂の終わり頃になるかもしれない。

2030年 農業の旅→ranking  

    
    
    
 



このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在66才、農業歴30年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ