FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

ミツバチの今


ミツバチは前年同様8群(預かりの1群を入れると9群)をキープできている。6月に4回、採蜜をした。


採蜜は最近では、一人応援を頼む。一人ですると失敗が多いから。


採蜜は逃去や消滅の「最大のリスク」と思うが、今回はどれもうまくいったように思う。その確認は「花粉の持ち込みがあるかどうか」だと思う。花粉は子育てに必要なので、花粉の持ち込み(朝が多い)を頻繁に見かけたら、採蜜に不手際はなかった目安となる。


7~10日に1回、底板の掃除をしているが、最下段の開閉扉を開けた時に「蜂球」が見えたら、4段であっても5段であっても採蜜を2週間以内にすることにしている。それが盛夏なら4段は採蜜せず、もう一つ継箱をして5段にしている。


掃除をする時に、ミツバチの状況は把握できるので、デジカメで写したり、手鏡で中の状況を確認したりはしない。しても人間の手でどうこうすることは出来ないから。



田んぼの果樹の根元に置いている群は毎日2~3回見ているが、山は2~3日に1回上がって様子を確認している。



キンリョウヘンは梅雨の雨にはあてっぱなしである。土砂降りの雨でも、鉢の底が水に浸かったりしなければ放置でよい。


1日に30~60分だけ日があたる場所に置いている。


肥料は月に1回、5号鉢で5~6個の置き肥えを新たに置く。肥料は10月末までやり11月以降は一切やらない。





 アフリカのサバンナのように草食獣と肉食獣が共存していれば、生態系も維持できるが、今の日本では、草食獣だけがはびこっている。


一昔前までは、肉食獣の役割を人間がしていた。つまり「里山整備(クド用や風呂焚き用に、落ち葉かきや木の枝切り)」をしていたので、草食獣は「奥山」へ追いやられ、人里へあまり出没しなかったが、その里山に人の手が入らなくなり、植えた柿や栗が放置されるにつれ、それを求めて人里に来るようになった。



3週間ほど前に春夏作のニンジンの葉が食べられ、枝豆の幼苗も食べられ、シカにしてはおかしいなあと思っていたが、原因は「野ウサギ(茶色)」だった。


真昼間にすでに4回も見かけたので、これはウサギの仕業だと合点がいった次第。


山際に田んぼがあるので、すぐ山に逃げれるので、当方の田は「害獣の多様性」に悩まされる。イノシシ、シカ、カラス、今回のウサギ、他に名前の知らない害獣も。


ウサギはニンジンの葉、枝豆の幼苗、ニラ、菊の葉、生姜の茎葉、エンサイを食べたようだ。



ウサギは電柵の一番下の柵線の下を素通りする。


ニンジンは葉を食べられると、地下の根菜は太らない。


ニラは好物なのか繰り返し食べている。これはもう放置。


枝豆は蒔き直して防御ネットをかぶせた。


生姜とエンサイにもネットをかぶせた。





2030年 農業の旅→ranking


このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ