FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  大鷹勝彦さん



 
久久の帰りし里の病める身は友とてもなし山に登りぬ





ふるさとの春に帰りて野を行けば土に親しき陽の匂ひあり




兵の弟を恋ひて
おもほへば汝はきびしき兵にして癩院にゐる我に遠しも




島の少年をあづかりて(少年室教師として)
麻酔して受療せる子がゆくりなく憑かれし如く吾が名を呼べり




ちち故にはは故のこの醜病みの我をかなしと云ひ給ひつる




骨肉にかかる宿世すくよのかなしみを想ひこそすれ我籍を除去




雨乞ひの焔明りのひろごりて瀬戸の宵闇深まりゆくも




大鷹勝彦さんの略歴
大島療養所。『白砂集』(昭和15年)に出詠。



2030年 農業の旅→ranking

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ