FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  内海静波さん



育ちよし振分髪も乙女さぶ吾が子の前に迷ひてゐたり




そのかみの妻の面影君に見て安き心のみだれ初めしか




秋宵の浜に肩組み保育所の子らは唄へりふる里の歌




みどり葉の繁れる中に寝ころびし吾れには淋しい浜昼顔は




行ずりに写真撮らるる癩盲の友は哀しく身がまへもなく




古里を遠く癩病む少女らが療舎に雛をつつましく飾る




沖に出て見る吾が島の目にあらた流れのままにボート浮べて




土工らが去りし工事場こほろぎのはや鳴き初め宵星の見え


内海静波さんの略歴
明治37年香川県生まれ。昭和18年大島青松園に入所。22年頃から歌作をはじめ「山脈」をへて「龍」に投稿。『稜線』(昭和27年)『澪』(昭和29年)



2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ