FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

第2の青春のただ中で



最初の青春時代は、時間をもてあますことも多々あったが、還暦を迎えての第2の青春時代は、忙しくて目が回るようになる。


その間の40年間ほどを、どんな生き方をしても、残りの人生時間は長くない。


なんとか40年間生きてきた結果を清算したり、反省したりするが、いざ自分の今後すすむ方向が見えてきたとしても、その時には、身体に無理がきかなくなったり、病気がちになったり、目が衰えたりして、思うようには事が運ばない。


1年ほど前に買い替えたパソコンのキーボードがどうも手にフィットしなくて、壊れかけて壊れなかった旧パソコンを使っている。


眼鏡も買い替えてまた合わなかったのを使い続けている。


こういうことから、人生が崩れて(崩されて)いくのだろう。


でも、還暦後の第2の青春では、そんなことにとらわれている時間の余裕はなくて、ただ、がむしゃらに前だけを見て進めている。


だからその反動で、部屋がごみ屋敷になって、追い詰められた寸前で片づけている。



今日の朝日新聞に、コロナを契機として「デジタル化が急速に進む」と米グーグルCEOの見解が書いてあったが、「デジタル格差」は大変大きいような気がする。


自分の場合、日々ワンパターンのブログ操作はできても、他の操作は全くできない。


「書くネタがあること」と「パソコン操作」は、どちらも得意、どちらも一定以上という人は少なくて、どちらか一方に偏ると思う。


いまだにパソコン等で買い物はほとんどしないし、必要と思わないのでのスマホも持たない。不定期でブログ操作のパソコン指導(最近はズームで)も受けている。


デジタル機器に強い弱いは、年齢というより人によると思う。
 

いろんな格差の一つとしての「デジタル格差」は「経済格差」と同じくらい生活にかかわる格差と思う。


コロナ後は、いろんな格差が顕在化して「月に7~8万のベーシックインカム」がないと立ち行かなくなるのではないか。


ベーシックインカムがあれば、コロナ後の二極化は大きな争点にはならず、個人の生き方として、田舎で自給自足の生活なども実現できると思う。



2030年 農業の旅→ranking




このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ