FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

第1回大島渚賞に選ばれた映画監督 小田香さん(32)


朝日新聞 4月1日 2面  「ひと」


第1回大島渚賞に選ばれた映画監督 
小田 香さん(32)


  IMG_2334_20200401205835c09.jpg

大器は外からやって来る。世界的監督の名を冠し、新しい才能に贈る賞の第1回受賞者もそうだ。

事務局が用意した候補を蹴り、坂本龍一審査員長は彼女を推した。

2015年の「鉱 ARAGANE」はボスニアの炭鉱、6月劇場公開の新作「セノーテ」はメキシコの洞窟湖にカメラを持ち込んだ。この2本のドキュメンタリーが評価された。

半径5メートル以内にしか関心のない若手監督が目立つなか、スケールが飛び抜けている。

「自分が知らないものを撮りたいんです。撮っている間に、その対象に半歩でも近づきたい」

映画館に行ったこともない青春時代だった。大阪生まれ。バスケットボールに明け暮れ、体育大から実業団に進むと思っていた。だが高校の時に靭帯を2度損傷。バスケットができなくなった。

英語を勉強して米国に留学。そこで映画に出あう。ハンガリーの巨匠タル・ベーラ監督が主催する映画作家育成プログラムに飛び込み、ガス・バン・サントら世界の大監督から指導を受けた。

「彼らの話を聞くと、みんな、映画の作り方も違えば、作る動機も違う。私にとっての映画を見つけなければと思いました」

大島渚自身、映画と無縁の学生生活を送った末、66年前に松竹に入社。日本映画の常識をぶっ壊して独立した男だ。

最初の受賞者にこれほどふさわしい人はいない。




大島渚監督といえば「愛のコリーダ」。40年ほど前に見たことがある。

軍靴の大きな足音のかたわらを、首をすくめ、下を向いて歩く藤竜也の姿が印象に残っている。

しのびよる戦争の気配を背中に、愛ひとすじに生きる・・・。


参考 ウイキペディア 愛のコリーダ



2030年 農業の旅→ranking







このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp


セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ