FC2ブログ

あめんぼ通信(農家の夕飯)

春夏秋冬の野菜やハーブの生育状況や出荷方法、そして、農業をしながら感じたことなどを書いていきたいと思います。

大島青松園  萩原 澄さん(12)



人のさま確と見据える眼のありて庭に坐れる雪のダルマは




年金を受けて今得るやすらぎを打ちのめす声「ライ貴族」など




妻臥せば水をきられし魚のごと盲ひうつつのただよふごとし




ライ癒ゆる世となりてなほ偏見を残し我らを縛る法あり




ライ園に今日稀にきく幼な子の声さながらに光のごとし




かつかつに二人の今を支へゐる妻よ視力をそこなはずあれ




萩原澄(とほる)さんの略歴
大正4年8月25日香川県三豊郡の三国峠のふもとの村に4人姉弟の長男として生まれる。高等小学校卒頃徴候がでたが補習科4年を学ぶ。昭和14年母、15年父死亡。弟に嫁を迎え家を託して昭和18年8月大島青松園入園。23年秋失明。予防法闘争ではハンスト。31年10月「関西アララギ」入会。昭和38年6月21日
林みち子と結婚。43年5月「歩道」入会。昭和48年7月10日古里に妻と2人の歌碑建立。昭和56年11月8日香川県視覚障害者福祉協会から受彰。歌集『蓑虫』(昭和41年)『光ある方へ』(昭和49年)『今ありて』(昭和61年)『ハンセン療養所歌人全集』(昭和63年)。傘寿を妻とともに迎え「らい予防法」廃止を記念して、歌文集『開かれた石の門』(共著・平成8年)刊行。


2030年 農業の旅→ranking

 
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:水田 祐助
岡山県瀬戸内市。36才で脱サラ、現在67才、農業歴31年目。農業形態はセット野菜の宅配。人員1人、規模4反。少量多品目生産、他にニワトリ20羽。子供の頃、家は葉タバコ農家であり、脱サラ後の3年間は父が健在だった。
yuusuke325@mx91.tiki.ne.jp
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ



セット野菜のワンパック宅配 みずた観光農園

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

QRコード

QR

検索フォーム

月別アーカイブ